【インディカー】マディソン予選:パワーPP。佐藤琢磨ホンダ勢最速6位

インディカーシリーズ第15戦マディソンの予選が行われ、前戦勝者のウィル・パワーがPP。佐藤琢磨は6番グリッドを獲得した。

 インディカーシリーズ第15戦ボンマリト・オートモーティブ・グループ500の予選がゲートウェイ・モータースポーツ・パークで行われ、前戦ポコノの勝者であるウィル・パワーが、ポールポジションを獲得した。

 パワーは1.25マイルのオーバルで、2周の平均速度189.642mphを記録。2番手となったチームメイトのジョセフ・ニューガーデンに1.326mphの差をつけ、予選首位を獲得した。なお3番手にはエリオ・カストロネベス、4番手にはシモン・パジェノーが入り、ペンスキー勢が1-2-3-4位を独占する結果となった。

 5番手にはエド・カーペンター・レーシングのエド・カーペンターがつけた。

 ホンダエンジンユーザー勢で最速だったのは、アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨。佐藤は2周の平均速度184.186mphを記録し、6番手を獲得した。スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が7番手。佐藤のチームメイトであるアレクサンダー・ロッシは9番手となった。

 なお、インディ500での大クラッシュからの復帰初戦となったセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)は、予選19番手となった。

 インディカー第15戦の決勝レースは、日本時間の8月27日(日)の10時40分にスタート予定となっている。

インディカー第15戦マディソン:予選結果

【関連ニュース】

逆転優勝のパワーは、事故がなくて”幸運”とエンジニア

インディカーポコノ決勝:13位の佐藤琢磨「多くの困難に直面した」

周回遅れから逆転勝利を決めたパワー。その詳細を語る

インディカーポコノ決勝:一時周回遅れのパワー逆転優勝。琢磨13位

佐藤琢磨、内閣総理大臣顕彰を受賞

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ゲートウェイ
サーキット ゲートウェイ・モータースポーツ・パーク
記事タイプ 予選レポート