【インディカー】ロングビーチ決勝:ヒンチクリフ優勝。琢磨リタイア

インディカー第2戦ロングビーチが行われ、ジェームス・ヒンチクリフが優勝。佐藤琢磨はレース終盤、エンジントラブルでリタイアした。

 インディカーシリーズ第2戦ロングビーチが行われ、シュミット・ピーターソンのジェームス・ヒンチクリフが優勝を果たした。佐藤琢磨はレース終盤にマシンを止め、リタイアに終わっている。

 ポールポジションからスタートしたのはエリオ・カストロネベス(ペンスキー)だった。彼はロングビーチで3年連続のポールポジション獲得したが、スタートを大失敗。6番手までポジションを落としてしまう。代わってトップに立ったのは、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)だ。

 しかし、その直後にクラッシュが発生。チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)とウィル・パワー(ペンスキー)がクラッシュ。これでいきなりのフルコースイエローとなり、ペースカー先導となる。このコーション中に、佐藤琢磨(アンドレッティ)は最初のピットインを行い、燃料の補給を行った

 パワーはノーズを交換しただけでレースに戻ることができたものの、キンボールのマシンはダメージが大きく、リタイアとなっている。

 5周目からレース再開。翌6周目にはライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ)がジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)を交わして2番手に上がる。

 10周目以降、各車が続々とピットイン。佐藤琢磨は12周を走りきったところで、2度目のピットインを行い、柔らかい方のレッドタイヤを履いた。PPスタートのカストロネベスも、14周終了時点でピットインを行った。首位を走っていたディクソンは、16周目終了時点でピットインする。

 ハンター-レイ、ヒンチクリフ、ロッシの上位3台は、ピットインを遅らせに遅らせる。28周を走り終えた時点で、ヒンチクリフとロッシがピットイン。ハンター-レイは29周終了時点でピットに入った。この3台は、ピットストップの回数を減らして、ライバルより優位に立とうという戦略だ。

 これでディクソンが再び先頭に立ち、ハンター-レイは6秒差の2番手でコースに復帰した。ハンター-レイの直後にはヒンチクリフが食らいつく。シモン・パジェノー(ペンスキー)は31周目終了時点で、2度目のピットインを行っている。

 35周目を越えると、各車が2回目のピットイン。カストロネベスは37周目、佐藤琢磨も同じ37周目に3回目のピットインを行った。

 先頭を走っていたディクソンは、41周目を終えた時点で2回目のピットイン。ただこのタイミングでは、もう1回のピットインが必要で、優勝争いからは一歩後退した感がある。

 これでハンター-レイが再び先頭に立ち、ヒンチクリフ、ロッシの3台が犇めく混戦模様の首位争いとなる。セバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)が、先頭集団から10秒程度遅れた単独4番手を走る。

 ハンター-レイとロッシは56周目終了時点に、ヒンチクリフは57周を終えた時点で最後のピットインをこなす。このピットインの結果、ヒンチクリフが先行。またロッシもコース復帰後にハンター-レイをオーバーテイクした。

 ディクソンは62周を走りきったところで最後のピットストップを行うが、ヒンチクリフ、ハンター-レイ、ブルデーらが先行していく。

 これと同時に、それまで実質的な2番手を走行していたロッシがエンジンブロー。これでこのレース2回目のフルコースイエロー。一時休戦となる。

 70周目からレースはリスタート。上位ではハンター-レイのみがブラックタイヤを履いており、厳しい展開だ。ヒンチクリフはこれを好機と、リスタートと同時にハンター-レイ以下を引き離していく。

 2番手ハンター-レイと3番手ブルデーの間には、周回遅れのマシンが数台いたが、ブルデーはこれを1台ずつ交わしてハンター-レイとの差を徐々に詰めていく。

 77周目、ミカエル・アレシン(シュミット・ピーターソン)を抜きに行ったトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)だったが、両者接触。カナーンは左リヤタイヤをパンクさせ、そのままピットに戻ってしまう。

 79周目、11番手を走っていた佐藤琢磨のマシンにエンジントラブルが発生し、スローダウン。さらに翌80周目には2番手を走っていたハンター-レイがストップ。立て続けにアンドレッティのマシンにトラブルが発生し、同チームはこれで全滅してしまう。なおハンター-レイのマシンはコース上に止まってしまったため、フルコースイエローが宣言。隊列が縮まる。

 先頭はヒンチクリフのままだが、僅差の2番手には開幕戦勝者であるブルデーが上がってきている。

 83周目からレース再開。ヒンチクリフはダッシュを決め、ブルデーとの差を広げていき、そのままチェッカーフラッグまで駆け抜けた。

 ヒンチクリフは2015年以来2年ぶり、インディカー通算5勝目を挙げた。2位には開幕戦勝者のブルデーが入り、ランキング首位を堅持。3位にはニューガーデン、最後尾スタートだったシモン・パジェノーが入っている。

【関連ニュース】

【インディカー】第2戦ロングビーチ予選:カストロネベス3年連続PP。琢磨Q1敗退

【インディカー】最後尾から優勝のブルデー「実はレースを諦めていた」

【インディカー】開幕戦:佐藤琢磨「移籍初戦は素晴らしい結果」

【インディカー】アンドレッティ、インディ500は5台。ドライバーは未定

【インディカー】ヒンチクリフ、同郷のDTMドライバーとマシンを交換

インディカーシリーズ第2戦決勝結果

Cla ドライバーLaps時間ギャップインターバルMphピットリタイアポイント
1   5 canada  James Hinchcliffe  85              
2   18 france  Sébastien Bourdais 85 1.4940            
3   2 united_states  Josef Newgarden  85 2.3160            
4   9 new_zealand  Scott Dixon  85 2.7832            
5   1 france  シモン パジェノー  85 3.3934            
6   19 united_arab_emirates  Ed Jones  85 5.7951            
7   14 colombia  Carlos Munoz  85 6.9393            
8   20 united_states  Spencer Pigot  85 9.0570            
9   3 brazil  Helio Castroneves  85 9.3403            
10   15 united_states  Graham Rahal  85 17.8632            
11   7 russia  Mikhail Aleshin  85 34.1093            
12   12 australia  Will Power  84 1 lap            
13   8 united_kingdom  Max Chilton  84 1 lap            
14   10 brazil  Tony Kanaan  84 1 lap            
15   4 united_states  Conor Daly  84 1 lap            
16   21 united_states  J.R. Hildebrand  84 1 lap         Accident  
17   28 united_states  Ryan Hunter-Reay  79 6 laps         Spun off  
18   26 japan  Takuma Sato  78 7 laps         Spun off  
19   98 united_states  Alexander Rossi  62 23 laps         Mechanical  
20   27 united_states  Marco Andretti  14 71 laps         Spun off  
21   83 united_kingdom  Charlie Kimball  1 84 laps         Accident  
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ロングビーチ
サーキット ロングビーチ市街地
記事タイプ 速報ニュース