【インディカー】ロードアメリカFP:ペンスキー上位独占。琢磨15番手

第10戦ロードアメリカのフリー走行は、ペンスキー勢が上位を独占した。アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は15番手だった。

 インディカー第10戦ロードアメリカのフリー走行が行われ、ペンスキーの4台がトップ4を独占し、ジョセフ・ニューガーデンがトップタイムをマークした。

 午前中に行われたセッションではアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がトップタイムをマークしたものの、午後になってタイムを全体的に上げたペンスキー勢が優位な状況だ。

 佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)はFP1で17番手、FP2で15番手となった。

 前回、オーバルレースのテキサス戦に出場することができなかったデイル・コインのエステバン・グティエレスは17番手。チームメイトのエド・ジョーンズから0.4秒離されている。

■インディカー第10戦ロードアメリカフリー走行結果

【関連ニュース】

インディカー新エアロキット、ドライバー保護装置の導入前提で設計

テキサスの接近戦にディクソン苦言「楽しくなかった」

佐藤琢磨「モータースポーツの魅力・楽しさをみんなに知って欲しい」

凱旋帰国の佐藤琢磨「時間が許す限り、感謝の気持ちを伝えたい」

アロンソ、インディカーフル参戦を仄めかすも「全てにオープン」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ロード・アメリカ
サーキット ロード・アメリカ
ドライバー エリオ カストロネベス , ジョセフ ニューガーデン , シモン パジェノー , ウィル パワー
記事タイプ フリー走行レポート