【インディカー】佐藤琢磨「手応えを感じていたので、残念だった」

佐藤琢磨はインディカー第2戦ロングビーチ戦に挑んだが、エンジントラブルに見舞われリタイアに終わった。

 インディカー第2戦ロングビーチ。佐藤琢磨(アンドレッティ)は予選で後方に沈んだものの、決勝では着実に順位を上げ、終盤には10番手付近まで上がっていた。しかし、78周目にトラブルが発生し、リタイアしている。アンドレッティ・オートスポートにはトラブルが相次ぎ、終わってみれば全滅という結果だった。

「長く厳しい1日だった」

 そうレース後の佐藤はコメントを寄せている。

「僕たちはほかのドライバーとは異なる3ストップ作戦を選択しました。この戦略は期待したほどうまくいかなかったうえ、最終的にはパワーを失ってマシンを止めることになりました。プラクティス、予選、そして今朝のウォーミングアップが終わって、本当に力強い手応えを感じていたので、フィニッシュできなかったのは残念です。でも、僕たちはさらに努力して次のレースに力強く挑むつもりです」

 フリー走行では速さを見せていた佐藤だったが、予選や決勝には、その好調さをつなげることができなかった。

 次戦は4月23日、バーバーで行われる。

【関連ニュース】

【インディカー】ロングビーチ決勝:ヒンチクリフ優勝。琢磨リタイア

【インディカー】第2戦予選:カストロネベス3年連続PP。琢磨Q1敗退

【インディカー】開幕戦:佐藤琢磨「移籍初戦は素晴らしい結果」

佐藤琢磨トークイベント開催。「来年は本当に良いレースができそう!」

ホンダ・サンクスデー:アンドレッティ加入の佐藤琢磨「トップを狙う!」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ロングビーチ
サーキット ロングビーチ市街地
記事タイプ 速報ニュース