【インディカー】第2戦フリー走行:パワーがトップ。佐藤琢磨は4番手

インディカー第2戦ロングビーチのフリー走行が行われ、佐藤琢磨は4番手で初日を終えた。

 第2戦ロングビーチでのフリー走行が行われ、チーム・ペンスキーのウィル・パワーが全体トップで初日を終えた。佐藤琢磨は4番手だった。

FP1:ディクソンがトップ。琢磨は18番手

 フリー走行1回目は、チップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンが1分7秒6357をマークし、トップに立った。2番手にはチーム・ペンスキーのヘリオ・カストロネーベスがつけ、そして開幕戦で最後尾グリッドから優勝を果たしたデイル・コイン・レーシングのセバスチャン・ブルデーが、3番手タイムをマークした。

 過去にロングビーチで優勝を果たしている佐藤琢磨は、1分8秒7292で18番手だった。

FP2:琢磨は順位をタイムを上げ4番手に

 2回目のフリー走行は、ロングビーチで2勝を挙げているパワーが1分7秒0800というトップタイムをマークした。2番手にはアンドレッティ・オートスポートのマルコ・アンドレッティが続き、約0.02秒遅れでチーム・ペンスキーのシモン・パジェノーが3番手につけた。

 1回目のフリー走行で18番手だった佐藤はタイムを上げ、1分7秒5538をマークし、4番手でセッションを終えた。

 インディカー第2戦ロングビーチの予選は、4月8日午後6時30分(日本時間:9日午前10時30分)より行われる。

【関連ニュース】

【インディカー】開幕戦:佐藤琢磨「移籍初戦は素晴らしい結果」

【インディカー】開幕戦:ブルデー最後尾から優勝。琢磨悔しい5位

【インディカー】最後尾から優勝のブルデー「実はレースを諦めていた」

【インディカー】初戦好調チップ・ガナッシ「ホンダに感謝している」

【インディカー】佐藤琢磨「新HPDエンジンの性能は上がっている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ロングビーチ
サーキット ロングビーチ市街地
ドライバー ウィル パワー
記事タイプ フリー走行レポート