【インディカー】2018年エアロキット、ショートオーバルでも好評価

2018年に導入されるエアロキットを、アイオワでテストしたファン・パブロ・モントーヤとオリオール・セルビアは結果に満足しているようだ。

 インディカーは、来年から共通のエアロキットを導入する。7月25日にインディアナポリス・モータースピードウェイでオーバル仕様のエアロキットの、8月1日にミッドオハイオでロード/ストリートコース用のキットのテストが行われ、テストを担当したファン・パブロ・モントーヤ(シボレー車)とオリオール・セルビア(ホンダ車)は、高評価を下している。

 8月10日にアイオワ・スピードウェイで3度目のテストが行われた。多くの人々が、このショートオーバルでのテストが最も重要だと考えている。なぜなら、ショートオーバルではしばしば、バトルが起きないことがあるからだ。

 テストでは、ダウンフォースレベルを変えた2つのショートオーバル仕様のキットが試された。高ダウンフォース仕様は、今年のマニュファクチャラー製のエアロキットを搭載しているマシンと同程度のダウンフォースを生む仕様。低ダウンフォース仕様はそこからおよそ20%ダウンフォースを削減した仕様だ。

 モントーヤとセルビア、どちらも低ダウンフォース仕様のキットに好印象を抱いたようだ。モントーヤは次のように語った。

「(高ダウンフォース仕様のキットで)ワイドに走った場合、コーナーとストレートで速度差が約7mph(11.3km/h)しかない。もうひとつ(低ダウンフォース仕様)は20mph(32.2km/h)くらい違うので、コーナー出口で加速が見られる。僕は、それがより良いレースを生むと思う」

「あるダウンフォースレベルでは完全に全開でターンできるけど、他のダウンフォースレベルではスロットルを緩める必要がある。それでも同じラップタイムで走れるんだ」

 セルビアは「特に低ダウンフォースパッケージで、非常に安定していた」と述べた。

「マシンをドライブしなければならない。それは楽しいことだ。スロットルを緩めなければならないけど、(ダウンフォースがあった時と)同じようなラップタイムを出せる。興味深いね」

 またセルビアは、マシンの上部のウイングなどではなく、フロアでより多くのダウンフォースを作り出すというインディカー側の意図がうまくいっていると語った。

「僕は、ファン・パブロのマシンのすぐ後ろで走ることができた。マシンはちょっとグリップを失っただけで、4輪がスライドするほどではなかった」

「フロントやリヤが多くのグリップを失ったりはしなかった。それが、今のマシンの問題だ」

 インディカーのコンペティション及びレースエンジニアリング担当副代表のビル・パパスは次のように述べた。

「チェックはすべて問題なかった」

「我々は、過去数年ここを走っていたマシンのダウンフォースと、我々が目標としている、より低いダウンフォースを比較、分析したいと考えていた。どちらのドライバーも、低ダウンフォース仕様の方に好意的な反応をしてくれた。彼らはそちらの方が、マシンにしがみついているのではなく、マシンを運転していると感じたのだ。その結果に、とても勇気付けられた」

「トラフィックの中を走行していても、スピンしたり安定性に問題を感じるようなことはなかったという。どちらのドライバーも、そのことに非常に満足していた」

【関連ニュース】

アレシン、チーム離脱決定。SMPレーシングのLMP1プログラムに集中

インディカーミッドオハイオ決勝:ニューガーデン完勝。琢磨5位

モントーヤとセルビア、インディカー新エアロキットに好印象

インディカー2018年新マシンのテスト開始。新車がコスト削減に寄与?

インディカー2018年仕様新型エアロキット、インディアナポリスで公開

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー オリオール セルビア , ファン・パブロ モントーヤ
記事タイプ 速報ニュース