【インディ】アイオワ:パワーがPP獲得。佐藤琢磨5番グリッド獲得

アイオワ・コーン300の予選が行われ、ウィル・パワーがポールポジションを獲得。佐藤琢磨は5番グリッドを獲得した。

 インディカーシリーズ第11戦アイオワ・コーン300の予選が行われ、ペンスキーのウィル・パワーがポールポジションを獲得。アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は5位に入った。

 パワーはこの日2周の平均速度185.210mphを記録し、ポールポジションを獲得。今季4回目、このアイオワ・スピードウェイでは2回目のポールポジションとなった。

 このパワーのペースは、エド・カーペンター・レーシングのJ.R.ヒルデブランドを1.4mph上回るものだった。

 このヒルデブランドが2位。その後方にはパワーのチームメイトであるエリオ・カストロネベスと、ヒルデブランドのチームメイトであるエド・カーペンターが続いた。

 佐藤琢磨は、これら4人の直後につける5位。ホンダエンジンユーザーの中で、最速のペースを記録した。ただその後方には、ミカエル・アレシン(シュミット・ピーターソン)やトニー・カナーン(チップ・ガナッシ)ら、ホンダ勢がズラリと並んでいる。

 アイオワ・コーン300の決勝レースは日本時間の7月10日(月)5時40分(現地時間7月9日16時40分)にスタートする。

 →インディカー・シリーズ第11戦アイオワコーン300予選結果

【関連ニュース】

ホンダ、インディカーエンジントラブルの原因を究明。次戦より対策

インディロードアメリカ:完璧リスタートのディクソンが優勝

佐藤琢磨「苦しい週末で、苦しいレースだった」/ロードアメリカ戦

インディカー新エアロキット、ドライバー保護装置の導入前提で設計

歴史的快挙。佐藤琢磨のインディ500優勝を振り返る

 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 アイオワ
サーキット アイオワ・スピードウェイ
ドライバー J.R. ヒルデブランド , 佐藤 琢磨 , ウィル パワー
記事タイプ 予選レポート