【インディ】マリオ・アンドレッティ「アロンソ批判」の報道に猛反論

米国のメディアには、インディ500に挑戦するアロンソを「大したことない」とする風潮がある。しかしマリオ・アンドレッティはそれに猛反論する。

 インディカーで4度のタイトルを獲得し、F1でもタイトルを獲得しているマリオ・アンドレッティは、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがインディ500に出場することへの批判に反論した。

 先週、アロンソが今年のモナコGPを欠場し、代わりにインディ500に出場することが発表された。

 しかし、ジェナ・フライヤーという人物が書いた"SO WHAT THAT ALONSO IS RACING THE INDY 500?"というコラムには、アロンソよりも、トニー・スチュワートやダニカ・パトリック、リッキー・テイラーやジョーダン・テイラーなどがインディ500に出場した方が有益だと書かれていた。

 それに対してアンドレッティは、フライヤーの意見は、このプロジェクトに関わる全ての人への"初歩的な誤解"だと話した。

「このコラムが、今回のプロジェクト(アロンソのインディ500出場)はただ彼の名声を落としているだけだ、という印象を与えていることに非常に腹を立てている。誤解しないでほしいのだが、これはインディカーにとって素晴らしい宣伝だ。こういった意見は、F1で2度タイトルを獲得したフェルナンド・アロンソが世界三大レースの制覇に挑戦する正当な試みの副産物だ」

 またアンドレッティは、彼の息子でありチームオーナーのマイケル・アンドレッティとマクラーレンCEOのザク・ブラウンが、アロンソは実力のあるドライバーであるということに100%の自信を持てないまま、このプロジェクトに同意したということはないと話した。

「率直に言えば、彼女(フライヤー)はアロンソに謝罪すべきだ。なぜなら、このプロジェクトに関する最初のモチベーションは彼が生み出しからだ。彼がこれをやりたいと思ったのだ。他のシリーズの宣伝を手助けしたり、彼自身の名声を得るためではない。彼はそのようなことを望んでいない」

「彼は純粋なレーサーとしてこれに取り組んでいるし、かつてのベストなF1ドライバーがインディでの勝利に挑戦してきた伝統に従っている。かつてのように、インディにはまだそういった雰囲気があるということわかって安心した」

 また彼は、この状況は現代のF1ドライバーがインディカーでレースをする希少な機会を提供したと語った。

「彼は自分の"ゲーム"のトップにいるが、この機会をもう一度得るチャンスはないかもしれない」

「彼はF1を引退していないし、F1に乗ることを拒否したわけでもない。彼は今もベストなドライバーのひとりなので、正しいタイミングでこういうことが起きたのだ」

「このコラムには、彼が3年も勝てていないと描かれている。ああ、なんてことだ! みんなF1がどのようなものであるのか、そしてF1ではいちばんいいマシンを持っていないと勝てないということを知っているだろう? だが今の彼にはそれがない。しかし彼とチームメイトになったことがあるドライバーはみんな、今のF1ではそうでなくても、アロンソはベストなF1ドライバーのひとりだと言うと断言しよう」

「彼は今、ほぼ間違いなくインディカーでベストなチームでのチャンスを得ている。チームはデータを共有することに対してオープンだし、ここ3年で2回インディ500で勝っているチームだ」

「今年のF1シーズンが終わっているかのような彼の状況を考えて、彼と彼のチームは"我々のパートナーシップ以外のことをしよう、そして一緒に仕事を続けよう"と話している。アロンソのインディに対する試みはどれほど真剣なものか……ホンダだけでなく、もちろんマクラーレンからの支援もある。このプロジェクトやモチベーションに疑問を持っている人がいることが残念だ」

「アロンソは偉大なチャンピオン」

 アンドレッティは、アロンソの今後5週間の活動を見れば、彼への批判は根拠がないということが証明されると話した。

「彼はこのチャンスにとても熱心に取り組んでいる。チームに馴染み、インディカーがどういうものであるかを学ぶために。彼は今週末バーバーヘ行く。我々が話しているように、彼はこの機会を最大限に利用しようと決意している。ただそこに行ってマシンをドライブするのではない。もしこれが彼の名声を落としているなら、仕事として扱われないだろう」

「もしトニー・スチュワートが復帰したら大きなニュースになるだろうということは誰も否定しない。もしジェフ・ゴードンがインディカーでチャンスを見つけたとしたらそうなるだろうし、ダニカでも同じだ。彼女はファンを魅了してきたからね」

「しかし、アロンソがやっていることを不適切とし、その事実を無視しようとするのは、過小評価だと言わざるを得ない。彼は、チケットの販売数を上げるために、インディアナポリスに行くわけじゃないんだ。その”コラム”が言うようにね」

「『彼は一体誰だ? 彼はオーバルでどんな実績を残してきたんだ?』そう言うのは明らかに不当なことだし、正直なところ偏見にすぎない。彼はここ数十年の間にインディに挑戦してきたルーキーの中で、最もインディ500でレースをする資格を有する人物だ!」

「彼の目的や判断に疑問を呈するのではなく、この偉大なチャンピオンを信用するべきだ」

【関連ニュース】

【F1コラム】アロンソのインディ500参戦に込められた意味とは?

【F1】マクラーレン「アロンソのインディ出場は契約交渉の一部」

【F1】アロンソ、インディ500の”危険性”を「恐れていない」

【インディ500】モントーヤ「アロンソはインディでも間違いなく強い」

【F1】アロンソのインディ500参戦計画は”ジョーク”から始まった

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar , F1
イベント名 インディ500
サーキット インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
ドライバー フェルナンド アロンソ , Mario Andretti
チーム アンドレッティ , マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース
タグ honda