トップイベント

【インディ500】アロンソ、インディの速さに「全開にできなかった」

フェルナンド・アロンソは、最初に360km/h超でコーナリングした際に、多少は恐怖心を感じていたようだ。

【インディ500】アロンソ、インディの速さに「全開にできなかった」
The car of Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
The car of Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda
Fernando Alonso, Andretti Autosport Honda

 フェルナンド・アロンソは、インディ500参戦に向けた第一歩となるテストを完了した。

「はじめは正直に言って、右足が意志と力を持っているような気分だった」

 アロンソはテスト終了後にそう語り、その速さに衝撃を受けたことを示唆した。

「足と脳が繋がっていないみたいだった。全開にしたかったが、右足には右足の人生があるみたいな感じだったね」

「でも今は自分の身体をコントロールできるようになったし、クルマもコントロールできる。だから全開に出来るよ!」

 アロンソは、88周行ったフライングラップのうち73周目で、222.548mph(約358km/h)を記録した。

「それはちょっとすごいし、最後の数回の走行では風が吹いていた。でも、難しいことがあったというのは、良いことだ」

 そうアロンソは語った。

「でも、今のところ全てがうまくいった」

 くつろいでいるかどうか訊かれたアロンソは、次のように答えた。

「全然そんなことはないよ! スピードアップしていったら。サーキットがとても狭く見えるようになった。テレビやシミュレータで見ると、全てが大きくて簡単に見える。でも、実際にクルマに乗ってみると、とてもとても狭いんだ」

「だから、僕は色々な走行ラインを試した。本当に心地よく感じるのは、おそらく2〜3週間後になるだろう」

 またアロンソは、コクピット内の”ツール”を使って、マシンをアジャストする方法も学んでいたと述べた。

「新しいタイヤを装着すると、問題が隠れてしまった」

 そう彼は語る。

「ダウンフォースレベルが低いのを、少し隠してしまったんだ。だから僕は、古いタイヤ、新しいタイヤ、そして異なった設定で少し走ってみた」

「フロントバーやウェイトジェッカーなども少し試してみた。僕にとってはこれは新しいものだ。その感触を掴む必要がある」

【関連ニュース】

 【インディ500】アロンソ”ルーキーテスト”完了、110周を走破

【インディ500】テスト完了のアロンソ「クルマが自分で走っている!」

【F1】アロンソ「ソチの直線で3秒失っている」とパワー不足を指摘

【インディ500】モントーヤ「アロンソとの再会を心待ちにしている」

【インディ500】佐藤琢磨「"三冠”チャンスがあるアロンソが羨ましい」

シェア
コメント
【インディ500】アロンソ”ルーキーテスト”完了、110周を走破

前の記事

【インディ500】アロンソ”ルーキーテスト”完了、110周を走破

次の記事

【インディ500】アンドレッティ、アロンソのテストは「完璧だった」

【インディ500】アンドレッティ、アロンソのテストは「完璧だった」
コメントを読み込む