【インディ500】アロンソ”ルーキーテスト”完了、110周を走破

フェルナンド・アロンソはインディ500へのテストに向けて義務付けられているルーキー・オリエンテーションのプログラムを完了した。

 インディ500に初めて参加するドライバーは、フルスピードでの走行を行う前に、規定のスピード内での走行を完了する必要がある。

 アロンソは205〜210mph(328〜336km/h)で10周、210〜215mph(336〜344km/h)で15周、そして215〜220mph(344〜352km/h)で15周を走行することが求められていた。

 アロンソは最初の1時間で4回の走行を行い、合計51周を走破。最高平均速度219.654mph(約353km)を記録した。

「彼は正確にこなした。我々は彼がそれをできることを知っていたし、壮大なスタイルでそれをやり遂げた」

 今回のテストに帯同した、マリオ・アンドレッティはそう語った。

 この日は気温が低かったこともあり、当初の予定よりも遅れた午前11時からテストがスタート。まずはマルコ・アンドレッティがマシンに乗り込み、マシンのシェイクダウンを完了させた。

 午後には雨の予報が出ていたため、昼休みを取ることなく走行が続けられ、88周のフライングラップを完了。その73周目に222.548mph(約358.3km/h)を記録した。結局この日のアロンソは、合計110周を走破した。

 この後アロンソはスペインGPに出走。その後5月15日から行われるインディ500の公式セッションに臨む。

【関連ニュース】

 【インディ500】アロンソ「クルマが自分で走っている!」

【F1】アロンソ、ロシアGPをスタートすることができず「悲しい」

【F1】アロンソ「ソチの直線で3秒失っている」とパワー不足を指摘

【MotoGP】ロッシとマルケス、アロンソのインディ挑戦に興味津々

【インディ500】佐藤琢磨「"三冠”チャンスがあるアロンソが羨ましい」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 Fernando Alonso Indianapolis test
サーキット インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
チーム アンドレッティ
記事タイプ 速報ニュース