【インディ500】ブルデー予選で大クラッシュ。複数箇所骨折で手術

セバスチャン・ブルデーは、インディ500の予選でクラッシュ。複数箇所の骨折を負い、土曜日の夜の手術を受けた。

 デイル・コイン・レーシングのセバスチャン・ブルデーは、インディ500の予選初日に大クラッシュを喫した。彼のマシンはターン2の進入でリヤを流し、これを修正しようとしたことでブルデーはバランスを失ってしまう。彼のマシンはそのままアウト側のウォールにフロントから突っ込み、大破してしまった。

 インディカーによって公表された声明によれば、彼は骨盤に複数箇所の骨折を負い、また右の股関節にも骨折を負っているという。

「セバスチャン・ブルデーは、第101回インディアナポリス500マイルレースの予選走行中のインシデントにより、骨盤の複数箇所と右の股関節に骨折を負ったと診断されました」

 声明ではそう説明されている。

「インディカーのメディカルドクターであるジェフリー・ビローズ医師によると、ブルデーはIUヘルス・メソジスト病院で、今晩骨盤の手術を受ける」

「ブルデーは、彼のデイル・コイン・レーシングNo.18 GEICOホンダがターン2のセーフティバリヤに激しく激突した時、インディアナポリス・モータースピードウェイで、予選の3周目を走行していた」

 チームオーナーのデイル・コインも声明を発表。「セバスチャンは、素晴らしい技術を持つIUメソジスト病院に、スタッフたちと共にいる。そして今我々は、彼が回復するのを待っているだけだ」と語った。

【関連ニュース】

【動画】インディ500予選初日 セバスチャン・ブルデーのクラッシュ

【インディ500】予選初日:佐藤琢磨2位、アロンソ7位で日曜PP争いへ

【インディ500】佐藤琢磨、アロンソについて「印象的」と賞賛

【インディ500】アロンソ「明日の予選練習は、ゼロからのスタート」

【インディ500】"トラフィック"初体験のアロンソ「予想通りだった」

【インディカー】最後尾から優勝のブルデー「実はレースを諦めていた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 インディ500
サーキット インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
ドライバー セバスチャン ブルデー
チーム Dale Coyne Racing
記事タイプ 速報ニュース