【インディ500】マルコ「アロンソは、準備が整っている”ルーキー”だ」

インディ500初日フリー走行をトップで終えたマルコ・アンドレッティは、チームメイトの”ルーキー”、フェルナンド・アロンソについて語った。

 5月15日、インディ500の最初の走行セッションをトップで終えたマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)は、彼のチームメイトであるフェルナンド・アロンソについて語った。

 ルーキー/リフレッシャーセッションを終えたアロンソは、その後の4時間のセッションでわずか20周の走行にとどまったが、アンドレッティはアロンソが苦戦するとは思っていないと述べた。

「正直に言って、彼はほとんどのルーキーよりも準備が整っていると思う」と、2006年に初挑戦したインディ500で2位を獲得した彼はコメントした。

「僕はチーム全体から彼に、多くの知識と経験がもたらされると思う。あまりにも多くの情報が、一度に彼に注がれるかもね!」

「だけど、僕が19歳だった時よりも、彼の準備は整っている。それが何を意味するかわかる?! F1カーをドライブしていて、ダーティー・エア(他車の作った乱気流)のことはある程度わかるし、それをどのように使うかがわかっているんだ」

 しかしながら、アンドレッティは他の多くのドライバー同様、そのダーティー・エアが、アロンソにとって最大の敵になると警告した。

「だけど、(インディカーは)もう少し激しいよ」と彼は語った。

「それは彼の走る場所次第だ」

「彼が先頭なら、そんなに問題は無い。だけどスタートで後方にいると、非常に面白いことになる。アクセルを緩めても、マシンが他車に引っ張られてスローダウンしない、なんてことに慣れなくちゃいけない。乱気流がたくさんあるんだ」

「僕は、それが最大の問題だと思う。だけど、僕たちは隊列走行が出来るから、レースでの経験をほとんどシミュレートできる。僕たち(アンドレッティ・オートスポートの6台)を合わせれば、エントリー33台のうちのほとんど5分の1を占めているんだ!」

「だから、レースまでにフェルナンドが十分な感触を得られることを願っている。だけど、レースデイは常に驚きが待っている。想定通りになんていかない。500マイルもあるし、適応が必要だ。彼がこれまでのキャリアで見せつけてきたことを考えれば、彼は問題ないと思うけどね!」

マシンの進歩に満足

 アンドレッティは、フリー走行初日をトップで終えたことはさほど重要ではないが、アンドレッティ・オートスポートのマシンの進歩に満足していると明らかにした。

「今日僕たちは大きなセットアップ変更をマシンに施し、それをチェックする予定だった。でも良い答えを得ることができた。僕たちはさらに新たなパーツを取り入れようとしているから、プラクティスセッションの半ばから終盤でそのチューニングを始めるつもりだ」

「僕たちは今大きく変わろうとしている。今日行った作業に僕たちはとても満足しているよ。去年僕たちはここで成功することができたし、2週間前に行ったフェルナンドのテストの時も、マシンの感触はよかった」

「スピード面は常に好調だ。それがあるからマシンの快適性をあげることに集中することができる。残りのセッションも計画通り進めるつもりだ」

「予選でもポイントを獲得することができるから、完全に無視することはできない。でも僕の最終目標はレースで勝つことだ」

【関連ニュース】

【インディ500】アロンソ「予選ペースよりもまずは多くのことを学ぶ」

【インディ500】FP1:ついに開幕!初日アロンソ19番手、琢磨10番手

【インディ500】アロンソ「F1の技術が、勝利の可能性を引き上げる」

【インディ500】アロンソ、気持ち切り替え「大いに楽しむつもりだ」

【インディカー】佐藤琢磨「クルーが良い仕事をしてくれた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 インディ500
サーキット インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
ドライバー フェルナンド アロンソ , マルコ アンドレッティ
チーム アンドレッティ , マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース