【インディ500】琢磨優勝"批判的ツイート"でデンバーポスト記者が解雇

米紙デンバーポストは、同紙のコラムニストであるテリー・フライのツイートに対し、”無礼で容認しがたい”として、フライを解雇したことを発表した。

 米紙デンバーポストのCEOであるマック・タリーと編集者であるリー・アン・カシオポは、同紙のコラムニストであるテリー・フライのツイートに対し、”無礼で容認しがたい”として、フライを解雇したことを発表した。

 日曜日、アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は、インディ500で初優勝を果たした。日本人ドライバーがこれを成し遂げたのは初めてのことである。

 月曜日、佐藤のインディ500優勝に対し、フライは自身のアカウントで次のようにツイートした。

「特に個人的な関係はないが、インディ500で日本人ドライバーが勝利したことはとても不愉快である」

 そのツイートには批判が殺到した。フライはツイートを削除し、長文で謝罪を行なったが、結局解雇となった。

 タリーとカシオポは、次のように声明を行なった。

「我々の記者が掲載した無礼で受け入れがたいツイートに対し、お詫びを申し上げます」

「すでにテリー・フライは、デンバーポストから解雇されました。人事的問題については、いかなる質問も受け付けません」

「またこのツイートは、我々の信念や立場を代表するものではありません。この処置による我々の深い謝罪を受け入れていただけることを願っております」

【関連ニュース】

インディ500:レースエンジニア「佐藤は王者の有力候補になった」

佐藤琢磨「インディを目指す日本人が出てきてほしい」

佐藤琢磨「みんなに感謝。本当に、本当に嬉しい」

中野信治「琢磨の勝利を決して無駄にしてはいけない」

ロジャー安川「スポッターとして琢磨をサポートでき光栄」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー 佐藤 琢磨
記事タイプ 速報ニュース