コックピット保護”シールド”の初テスト、ディクソンが走行を担当へ

チップ・ガナッシのディクソンは、来週木曜日に行われるルーキー・オーバル・テストの際にウインドシールド型のデバイスをテストする。

 インディカーは、来週木曜日にフェニックスで行われるルーキー・オーバルテストの際にウインドシールド型のコックピット保護デバイスの初テストを実施。チップ・ガナッシのスコット・ディクソンが走行を担当するという。

 デバイスがドライバーの視界にどういった影響を与えるかを見るため、日中や夕暮れ、夜間に走行が実施される予定だ。

 F1やその下位カテゴリーではハロが保護デバイスに採用されているが、インディカーではバンクのついたオーバルコースを走行するため、視界が開けているスクリーン型のデバイスを支持してきた。また、2018年から導入される共通エアロキットは、将来的な保護デバイスの搭載を念頭に置いて開発されてきている。

 インディカー競技委員長のジェイ・フライは、次のように述べた。

「デバイスの開発は非常に組織的で、しっかりと目的を持って進められてきた長期的なプロセスだ」

「我々はすべてのコンディションで機能し、見た目も素晴らしい安全装置を作り出す努力をしてきた。そして、今回それらをテストする」

「我々がインディカーに搭載するデバイスは様々なトラックや照明など、あらゆる条件で機能する汎用性がなければならない」

 デバイスの試作型はすでにダラーラの風洞でテストされ、ギャビー・チャベスがシミュレーターで走行している。今回が初めての実走テストとなるわけだが、シリーズとしてはデバイスを実際に導入する時期はまだ決まっていないと強調し続けている。

「ダラーラのシミュレーターでこれ(シールド)をテストしたが、これをマシンに搭載して走行をするのは初めてだ。だからこそ、これはプロセスにおける次のステップに過ぎない」とフライは話した。

 ウインドシールドには、戦闘機のキャノピーに使用されているのと同じ最先端の素材が使われる。開発を主導してきたインディカーのエンジニア/セーフティーディレクターのジェフ・ホートンによれば、ポリカーボネートよりも強く軽く、耐衝撃性に優れているという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー スコット ディクソン
チーム Chip Ganassi Racing
記事タイプ 速報ニュース