ソノマ予選:ニューガーデンPP。佐藤琢磨は予選Q3に進出し5番手

インディカー最終戦ソノマ予選が行われ、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。

 インディカー最終戦ソノマ予選が行われ、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。

 ポイントリーダーのニューガーデンは、ソノマで5度のポールポジション獲得経験をもつ同僚のウィル・パワーのタイムを上回り、4ポイントを獲得した。

 ソノマ初日から優勢だったペンスキー勢は、予選でも好タイムを記録。シモン・パジェノーが3番手、4番手はヘリオ・カストロベネスとなり、トップ4を独占した。

 佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)は予選Q2で5番手タイムを記録し予選Q3に進出。そのQ3でも、トップのニューガーデンから0.7秒差の5番手となった。6番手にはチップ・ガナッシのスコット・ディクソンがつけた。

 佐藤の同僚であるライアン・ハンター-レイは、予選Q2止まりの7番手。同じくアンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシは8番手だった。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ソノマ
サーキット ソノマ・レースウェイ
ドライバー ジョセフ ニューガーデン
チーム Team Penske
記事タイプ 予選レポート