ディクソン、シールド搭載で初走行「説明が難しい感覚」も概ね満足

フェニックスでスクリーン状のコックピット保護デバイスを初テストしたディクソンは、ポジティブな感触を受けたようだ。

 先週、インディカーが導入を目指すコックピット保護デバイスの初走行テストが実施された。このデバイスが搭載されたマシンをフェニックス・インターナショナル・スピードウェイで走らせたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は、比較的良い印象を持ったようだ。

 インディカーが導入を目指しているコックピット保護デバイスは、ドライバーの前方に設置するフロントガラスのような透明のエアロスクリーン状のモノだ。

 F1も”シールド”と呼ばれる同様の保護デバイスをテストしたことがある。しかし昨年のイギリスGPの際に走行テストを行ったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が視界の違和感などに不満を訴えた。また、シールドはすべての衝突試験をクリアできていたわけではなく、F1は結果として”ハロ”と呼ばれる保護デバイスの導入を決定している。

 一方、インディカーはオーバルコースを走行する関係もあり、視界を遮るもののないエアロスクリーン状デバイスの開発を継続。戦闘機のキャノピーにも使用されている素材を採用し、フェニックスで行われた今回のテストで、初の実走行にこぎつけた。

 走行を担当したのはインディカーで18年目のシーズンを迎える大ベテランのディクソン。彼は保護デバイスの搭載による視野の変化に適応する必要があるとしながらも、おおむね満足している様子だ。

「それ(シールド)を通して見ると、(風景に)変化があるんだ。説明するのが難しいんだが、倍率は変わっていないのに、変わったような感覚があった」とディクソンは語った。

「脳と目がその変化に追いつく必要があるけど、長く走るうちに僕はそれに適応していくことができた」

 彼は強い西日の中、ターン1に向かう際に視界に問題があったと指摘。また、最初の走行を終えた後にさっそく改善のための提案をしたという。

「さらに改善することはできるけど、彼らは良い仕事をしたと思う。これはインディカーの功績だ」

「すごく静かだったのが変な感じだった。ヘルメットに風が当たらないので、マシンがとても滑らかで高級車に乗っているような感触だった。速く走っているようにも感じなかった」

「ただ風がないので、何らかの(ドライバーを冷やす)対策は必要だ」

 インディカーのエンジニア/セーフティディレクターで、保護デバイスの開発に携わってきたジェフ・ホートンは、結果に満足していると述べた。

「スコットは興奮して、”致命的な問題は何もない”と言ってくれたし、(保護デバイスが)目の前にあると感じるものの、走行を重ねれば慣れると言ってくれた」

「それこそが我々が望んでいたことだ。これからもいくつかの問題を修正し、前に進んでいきたい」

 ディクソンが指摘したドライバーの冷却対策についてはインディカー側も事前に想定しており、すでにそれに対処するための議論が行われているという。

 今回はオーバルでのテストが行われたが、インディカーとしてはロードコースやストリートコースでの走行も実施し、より多くのドライバーが保護デバイスのテストに関わることが重要だと考えており、導入を性急に決定することは避ける方針だ。

【動画】スコット・ディクソン、フェニックスで”シールド”を初テスト!

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar , F1
記事タイプ 速報ニュース