フランキッティ「大クラッシュが脳に与える影響」を考える

4度のインディ王者に輝いたダリオ・フランキッティは、2000年と2013年に大事故に遭遇した。そして、今もそのダメージを心配していると語る。

 ダリオ・フランキッティのレーシングキャリアは、2013年ヒューストンでの、インディカーにおける大クラッシュで突然幕を閉じてしまった。彼は6月に、だいぶ後になって2000年の脳震盪の症状を自覚したとmotorsport.comに語った。

 しかし、3度のインディ500勝者でフランキッティは、BBCの司会者であるジョン・ビアッティに2000年と2013年の事故は彼の思想に影響を与えたと語っている。

「僕の最初の大きな脳震盪で、考え方がすっかり変わってしまったと後になって感じた。それを数年後、弟(マリオ・フランキッティ)に話したんだ。そしたら彼は『全然気づかなかった』って言ったよ」

「だけど僕の中では違うと感じたんだ。ずっと深刻に捉えていて、のんきに構えていられなかった」

「幸運にも僕には目標があった。それは、できるだけ早く再びマシンに乗れる程度まで回復することだ。もう一度正常になったと感じるようになるまで2年かかったし、5週間運転できなかった」

 2013年10月の事故は、彼が5週間もの記憶喪失を患ったことで有名だが、この事故で彼は再び考え方が変化したと言う。

「短期的な記憶喪失があって、疲労や脱水、ストレスでそれが悪化した。従来みたいにストレスに対処できない。今までとてもたくさんのことをとても早く決断していたのに、脳がそんなスピードで動いてくれないんだ」

「だから、それに適応し回避する術を見つけたんだ。そういうポジションに自分を置かないことにした」

 脳震盪が疑われる様々な事例をチェックするべきという若者たちの保護者の主張を受け、フランキッティは「僕が気づいた、興味深いけれども恐ろしいことは、ダメージは蓄積するということだ。一度脳震盪にあって、ある量のエネルギーを受け、ダメージを負ったとする。次の脳震盪はもっと少ないエネルギーで起こるんだ。その次はもっと小さい。そして症状は重くなっていく」

「厳密な科学じゃない。もし誰かと僕が同じアクシデントに遭って、脳が同じダメージを受けたとしても、全然違う症状が出るかもしれない」

 フランキッティは、脳へのダメージによって将来にどれほど影響が出てくるか心配しており、定期的に検査を受けることにしている。

「今の自分の脳のパフォーマンスがどうなのか、それがどうなっていっていくのかを記録しようとしているんだ。もしパフォーマンスが低下していくようなら、できるだけ早くそれを発見できるからね」と彼は語った。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー Dario Franchitti
チーム Chip Ganassi Racing
記事タイプ 速報ニュース