ブルデー、ハース代表のコメントに猛反論「F1が公平だったことはない」

シェア
コメント
ブルデー、ハース代表のコメントに猛反論「F1が公平だったことはない」
執筆: Glenn Freeman
2018/01/23 9:27

セバスチャン・ブルデーは、現時点でF1にふさわしいアメリカ人ドライバーはいないというハース代表のコメントに対して反論した。

 インディカードライバーでF1参戦経験もあるセバスチャン・ブルデーは、現時点でF1を戦う準備が整っているアメリカ人ドライバーはいないという、ハースF1チーム代表ギュンター・シュタイナーのコメントに反論した。

 ハースF1はNASCARに参戦する有力チーム、スチュアート・ハース・レーシングのオーナーであるジーン・ハースが創設し、2016年からF1に参戦しているアメリカを拠点とするチームだ。しかし、これまで彼らのマシンをアメリカ人がドライブしたのは、開発ドライバーのサンティノ・フェルッチがテストに参加した4日間のみだ。

 シュタイナーは先月、motorsport.comに対してアメリカ人ドライバーを見つけるのは”最優先事項”ではなく、「個人的な意見として、現時点でF1で戦う準備ができているドライバーはアメリカにはいない」と語った。

 一方ブルデーは、シュタイナーの発言は”フェアではない”と批判している。2004年から2007年まで4年連続でチャンプカー王者に輝くなど、アメリカモータースポーツ界で名を挙げたフランス人のブルデーは、2008年にトロロッソからF1デビューを果たし、2009年途中でシートを失うまで29レースに出走した経験を持つ。2011年からはインディカーに参戦、アメリカのレースシリーズに復帰している。

 ブルデーは、シュタイナーの発言でアメリカのドライバーが動揺したのは理解できるとした上で「(シュタイナーのコメントは)思慮に欠けている」と、インディカーの公式ウェブサイトで語った。

「彼ら(F1)は自分たちの小さな世界から出ようとしていない。F1に参戦していなければ評価されない。F1以外では、全く評価はされないんだ」

「アメリカのドライバーは、それを個人的な評価のように受け取ってしまった。僕はそれを完全に理解できる。そんなものは不公平だ。だが、F1が公平だったことなどあるだろうか?」

「そんなことは一度たりとも無い。オープンホイールレーシングの頂点がF1だということは否定できないかもしれないが、F1に挑戦するチャンスを待ち望むドライバーを責めることなどできはしない」

 ブルデーは、自分やアレックス・ザナルディといったアメリカでチャンピオンに輝いたドライバーがF1では結果を残せなかったことも、アメリカンモータースポーツ出身のドライバーに対する認識に悪影響を与えてしまったと考えているようだ。

「僕は2002年に国際F3000のチャンピオンになり、アメリカでタイトルを4度獲得した。それから最終的に(F1に乗る)チャンスを得ることができた」

「そして間違いなく、僕はアメリカ人ドライバーの助けにはならなかった。なぜなら僕は失敗してしまったからだ」

「僕の前にはザナルディがF1に参戦していたが、苦戦した(2度のCART王者に輝いた翌年、ウイリアムズから参戦もポイント獲得ならず)。おとぎ話のようにはいかなかったんだ」

アロンソの活躍は入念な準備あってこそ

 昨年、フェルナンド・アロンソはインディ500に挑戦するためにF1モナコGPを欠場すると決断したことが大きなニュースとなった。結果として2017年のインディ500は例年以上に大きな注目を集め、アロンソもラップリードを記録するなど活躍を見せた。

 しかし、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのグラハム・レイホールは、アロンソの好走はしっかりと準備を整えていたからこそだと主張し、F1ドライバーであってもインディカーはそんなに簡単なシリーズではないと示唆した。

「F1にいる誰もが、フェルナンド・アロンソは最高のドライバーだと何度も口にしている」とレイホールは述べた。

「これまで、自分たちだけで丸1日のテストを行い、インディ500に挑んだルーキーの名前をひとり挙げてみてくれ。そんなヤツはひとりもいないんだ」

「彼(アロンソ)はアンドレッティのクルマに乗っていた。過去5年間、インディ500で最も強かったクルマだ。彼は特別な才能を持ち、最高のクルマを与えられ、多くのテストをした。そういったピースが揃えば、成功するだろう。(ルイス)ハミルトンを連れてきてもそうなっただろうし、(セバスチャン)ベッテルを連れてきてもそうなっただろう」

「フェルナンドは凄まじいドライバーだ。僕は彼が大好きだ。彼のアプローチはレーサーそのものだし、彼のような男が世界にはもっと必要だ。だけど僕たちと同じように、彼をテストなしで(デトロイトの市街地コース)ベル・アイルに連れて行ったら……インディのようにはいかないだろう」

 レイホールは、昨年ベル・アイルで行われた2レースのどちらも優勝を飾っている。

次の IndyCar ニュース
インディカー、”シールド”テスト予定も判断急がず「導入の保証ない」

前の記事

インディカー、”シールド”テスト予定も判断急がず「導入の保証ない」

次の記事

JRPA写真展で佐藤琢磨トークショー開催。“ベイビーボルグ”日本初披露

JRPA写真展で佐藤琢磨トークショー開催。“ベイビーボルグ”日本初披露
Load comments