マクラーレン+アンドレッティ、来季もインディ500挑戦か?

マクラーレンとアンドレッティは、来季もパートナーとしてインディ500に挑戦する可能性を示唆した。

 マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンとアンドレッティ・オートスポートのマイケル・アンドレッティは、パートナーシップを更新する可能性を示唆している。

 マクラーレンはインディ500で通算3勝を挙げ、10年間で28勝という成績を残し、1979年限りでインディカーから撤退した。

 しかし今季、フェルナンド・アロンソがモナコGPを欠場し、インディ500に参戦。マクラーレンも”マクラーレン・アンドレッティ・オートスポート・ホンダ”として、久々にインディ500への復帰を果たした。アロンソは予選5位、決勝でも27周にわたってリードラップを走ったが、残り21周というところでエンジントラブルに見舞われ、リタイアを喫した。

 ブラウンとアンドレッティは共に、マクラーレン+アンドレッティのインディ500挑戦が、来季も続く可能性について示唆した。

 アンドレッティはmotorsport.comに対して、次のように語った。

「マクラーレンは来年も、我々と共にインディに出場できる可能性がまだ残っている。どうなるか見てみよう」

「ザクは自分のチームを少しずつ立て直そうとしている。しかし、将来的にはインディでもうまくいくことを計画している」

 ブラウンも同様の気持ちを示唆したが、F1での成績を改善することが最優先であると語った。

「インディカーは依然、マクラーレンにとって興味深いモノだ。我々はアンドレッティ・オートスポートとの素晴らしい経験を持っている。そして、引き続き関係を続ける方法を模索している」

「しかし2018年はすぐそこまで迫ってきており、今はF1に力を注いでいる」

Additional reporting by Andrew van Leeuwen 

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar , F1
チーム アンドレッティ , マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース