丸の内で「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」開催予定。琢磨がデモラン

佐藤琢磨は12日(土)開催の「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」のPRイベントを開催し、デモ走行を行った。

丸の内で「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」開催予定。琢磨がデモラン
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE
TAKUMA KIDS KART CHALLENGE

 12日(土)に行われる「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」のPRイベントに、佐藤琢磨が参加し丸の内・仲通り(国際ビル前)でデモ走行を行った。

「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」は、東日本大震災の復興支援を目的として佐藤が立ち上げた「With you Japan」プロジェクトの活動の一環としてスタート。子供たちに”チャレンジする喜び”を知ってほしいと、現在では日本各地で開催されている。

 今回は、2017年8月3日(木)~8月17日(木)まで開催される参加型のスポーツイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES 2017」の1イベントとして丸の内・仲通りで開催されることが決定した。

「MARUNOUCHI SPORTS FES 2017」のオープニングセレモニーにゲストとして参加した後、佐藤はレーシングスーツを着込んで、国際ビル前の仲通りに特設された”カート場”に現れた。

 イベントの趣旨について佐藤は「今回のイベントはゴーカートに乗ったことのないお子さんたちでもできるような、0から1を体験してもらうものです。これまで全国でやって来ているのですが、復興支援のために子どもたちのカートイベントを続けています」と語った。

 まずはインディカーお馴染みの”オーバルコース”で肩慣らしを行なった佐藤。次に登場した「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」に参加経験のある”TAKUMA KIDS”たちと共にスラロームとストレートのあるコースをカルガモ走行をして見せた。

 最後には、佐藤がレーシングカートによる本気アタックを披露。スラロームでパイロンの縁を使うなどして、集まったファンたちを興奮させた。

 走行後、佐藤は次のように語った。

「石畳の上でレーシングカートを走らせたのは初めての経験です。それにこんな綺麗な並木通りで走ることができて、素晴らしいイベントだったなと思います」

「このカートはサーキットに持っていくと140kmとか出るんですけど、今回は制限速度30kmくらいで走りました。全然ギヤがあってないから、回転速度をあげることができなかったのですが、レンタルカートとの違いは見せられたのかなと思っています」

「こういった機会に参加してもらって、実際のサーキットで比べてもらいたいです」

 佐藤は「MARUNOUCHI SPORTS FES 2017」のオープニングセレモニーに引き続き、会場に集まったファンに対して次のように語った。

「今日はみなさん本当にありがとうございました。ぜひ12日はお子さんとともに遊びに来ていただければと思います。どんどんチャレンジしてください」

「僕自身もまだシーズン途中なので、このイベントが終わり次第、アメリカに飛びます。残りのシーズンから計算するとまだタイトルが狙えるので、残りのシーズンも頑張ります」

【関連ニュース】

佐藤琢磨、MARUNOUCHI SPORTS FES 2017に登場。体力測定に挑戦 

佐藤琢磨に内閣総理大臣顕彰の授与が決定

佐藤琢磨「モータースポーツの魅力・楽しさをみんなに知って欲しい」 

佐藤琢磨、20分の"独演"「夢の大切さ、叶った時の感動を伝えたい」

【インディ500まとめ】歴史的快挙。佐藤琢磨の優勝を振り返る

シェア
コメント
佐藤琢磨、MARUNOUCHI SPORTS FES 2017に登場。体力測定に挑戦

前の記事

佐藤琢磨、MARUNOUCHI SPORTS FES 2017に登場。体力測定に挑戦

次の記事

【インディカー】佐藤琢磨、内閣総理大臣顕彰を受賞

【インディカー】佐藤琢磨、内閣総理大臣顕彰を受賞
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
執筆者 中村理紗