佐藤琢磨レイホール復帰? アンドレッティ、ザック・ビーチと契約へ

アンドレッティ・オートスポートは、新人のザック・ビーチと3年契約を結んだようだ。これにより、佐藤琢磨の移籍が決定的となった。

 アンドレッティ・オートスポートは、今年2レースに参戦した新人、ザック・ビーチと3年間の契約を締結したようだ。

 チームに今季所属しているドライバーのうち、ライアン・ハンター-レイ、マルコ・アンドレッティは来季の契約を保持しており、チームがホンダエンジン搭載継続を決定した後、アレクサンダー・ロッシの契約延長が発表されていた。つまり、今年のインディ500勝者である佐藤琢磨だけが契約延長をしていない状況であった。

 ビーチがドライバーに加わることにより佐藤はチームを離れ、2012年に所属していたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰することになるとみられる。

 ビーチは、手を怪我したJ.R.ヒルデブランド(エド・カーペンター・レーシング)の代役として今季の第3戦バーバーに参戦。その後、A.J.フォイト・レーシングの3台目としてインディ500デビューを果たした。バーバーでは19位、インディでは26位となっている。

 シボレー陣営でインディカーデビューを果たしたビーチだが、ホンダ陣営のアンドレッティ・オートスポートとの関係は浅くない。インディカーへのステップアップカテゴリーに当たるUSF2000では2年間、プロ・マツダで1年、インディ・ライツでも2年間、アンドレッティ・オートスポートに所属していたのだ。

 彼は、2014年にアンドレッティと共にインディ・ライツのランキング3位となった。2年後にシリーズに復帰し、ベラルディ・オート・レーシングで4位となっている。インディ・ライツでは通算6勝をマークしている。

 マイケル・アンドレッティは今回の契約についてコメントしていないが、契約と主要スポンサーの発表は、最終戦が行われるソノマ・レースウェイで金曜日に行われるようだ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー ザック ビーチ
チーム アンドレッティ
記事タイプ 速報ニュース