佐藤琢磨、ロングビーチで予選8位

第3戦 ロングビーチ(カリフォルニア州) (予選:4月17日 決勝:4月18日) 予選:ロングビーチの予選で8番グリッドを獲得

 2016年4月16日、カリフォルニア州ロングビーチ発。ABCサプライ・ホンダの佐藤琢磨はロングビーチの予選で1分7秒22を記録して8番グリッドを手に入れました。チームメイトのジャック・ホークスワースは1分7秒99をマーク、20番グリッドからスタートします。

 朝のプラクティスで16番手に沈み込んでいた琢磨は、予選で発生したオフィシャル・タイミングビーコンの不具合によってセッション中のラップタイムを確認できないという困難のなか、8番手までポジションを上げました。琢磨のタイムはホンダ勢で2番手に相当するもので、トップとなったジェームス・ヒンチクリフとはわずか0.07秒差でした。正式な結果がオフィシャルより発表されたのは、セッションが終わってから5分後のことです。

 チームは明日の午前中に行われるウォームアップに臨んだ後、日本時間の4月18日午前5時30分にスタートが切られる決勝に備えることになります。

佐藤琢磨のコメント
「状況を考えれば、この結果に満足しないといけないのでしょう。今朝のプラクティスは厳しい展開でしたが、予選ではホンダ勢のトップと肩を並べることができました。第2セグメントではラップタイムの情報が手に入らず、基準がない状態で走らなければいけませんでした。その結果、トップ6にコンマ数秒の差をつけられたのは残念です。いずれにしても、ABCサプライ・チームのメカニックとエンジニアたちは、マシーンをより速くするうえで素晴らしい仕事をしてくれました。プラクティス後に自分たちのデータを見直し、そこからセットアップの方向性を大きく変更しました。彼らのことを本当に誇りに思います。明日はクリーンなレースを力強く戦えることを期待しています」

(AJフォイト・レーシングのプレスリリースより)

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ロングビーチ
サブイベント 土曜日 予選
サーキット ロングビーチ市街地
ドライバー 佐藤 琢磨
記事タイプ 予選レポート