佐藤琢磨、ワトキンスグレンで予選4位「チーム一丸となった結果だ」

ワトキンスグレンで行われているインディカーシリーズ第16戦の予選で、アンドレッティの佐藤琢磨は4番グリッドを獲得した。

 インディカーシリーズ第16戦ワトキンスグレン戦の予選が行われ、アンドレッティ・オートスポートの佐藤琢磨は4番グリッドを獲得した。

 佐藤はファイアストン・ファスト6に順調に駒を進め、1分22秒5660をマークして4番グリッドを獲得した。

 予選後、佐藤はチームのリリースで、次のようにコメントしている。

「このコースで数週間前に行なったテストではいくつかのセッティング・フィロソフィーを試しました。それらはチームにとってうまく機能しました」

「この週末、ライアン(ハンター-レイ)とマルコ(アンドレッティ)はとてもコンペティティブで、僕たちはみんなポジティブな気持ちでいました。(ポールポジションを獲得したチームメイトの)アレクサンダー(ロッシ)にはおめでとうと申し上げます。彼は素晴らしい走りで僕たちを上回りました」

「いっぽうで、わずか0.1秒差で敗れたことは残念でもあります。アンドレッティ・オートスポーツがチーム一丸となって戦った結果ですが、その一員だったことを誇りに思います」

(コメントはアンドレッティ・オートスポーツのプレスリリース日本語訳より)

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
記事タイプ 速報ニュース