佐藤琢磨、来季レイホール復帰発表。「戻ってこられて本当に嬉しい」

インディ500ウイナーの佐藤琢磨が、来季レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰すると正式発表された。

 レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは9月20日(水)、佐藤琢磨が2018年よりチームに復帰することを発表した。

 佐藤は2012年にもチームに在籍し、インディ500の最終ラップでダリオ・フランキッティと激闘を演じたことでも知られている。

 佐藤はインディ500ウイナーとしてチームに戻り、チームに残留するグレアム・レイホールと共に、2018年シーズンのインディカーシリーズを戦っていくことになる。

  チームの共同オーナーを務めるボビー・レイホールは次のように述べた。

「琢磨がチームに戻ってくれることを心から喜んでいます。私は彼のスピリット、そして様々なことへのアプローチにかねてより敬服していたので、今年のインディ500で優勝したときには自分のことのように嬉しく思いました。彼がチームに復帰するという好機は、とても見過ごせるものではありません」

「琢磨とグレアム(レイホール)はきっとうまくやってくれるはずで、ふたりは2018年のどのレースでも勝てるくらい強力なマシーンを手に入れるでしょう。これにより、チームはいつも優勝争いが演じられるようになるほか、ふたりのドライバーにとってはこれまでで最高のシーズンになると期待されます。このことに私は本当にワクワクしていて、まだ2017年シーズンが終わったばかりだというのに、2018年シーズンの開幕が待ちきれない気持ちです」

  佐藤も、次のようにコメントしている。

「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに戻ってこられて、本当に嬉しく思っています。ボビー、デイヴ、マイクの3人は、これまでもいつも僕を応援してくれました。過去数年間、チームは驚くほどコンペティティブでした。2018年にこのチームの一員となることが待ちきれないような思いです。きっと、僕たちは一緒に素晴らしいことを達成できるはずです」

(コメントはレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのプレスリリースより抜粋)

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
記事タイプ 速報ニュース