英国名門カーリン、2台体制でインディ参戦。チルトンとキンボール起用

カーリンは、2018年のインディカーに2台体制で参戦することを発表。キンボールとチルトンを起用し、シボレーエンジンを使用するという。

 英国の名門レーシングチームであるカーリンは、来季からインディカーに参戦することを発表した。2台体制での参戦となり、シボレーエンジンを搭載。ドライバーは4台から2台に体制を縮小するチップ・ガナッシから放出されたチャーリー・キンボールとマックス・チルトンを起用する。

 カーリンは、2015年からインディ・ライツに参戦。翌年にエド・ジョーンズと共にタイトルを獲得した。

 さらに2017年に、KVレーシングと提携しインディカーに参戦することを予定していたが、ミカエル・アレシンとの契約に失敗し、この計画が立ち消えとなってしまった。

 しかしながらチーム代表のトレバー・カーリンは、今年の9月にインディカー参戦に言及し、共通エアロキットが導入される来季は、参戦に”適切な時期”だと語っていた。

 参戦の発表にあたって、カーリンは次のように述べた。

「チームの長期的な念願が叶い、インディカーシリーズへのエントリーを発表できることを嬉しく思っている。我々のデビューシーズンに、マックスとチャーリーという素晴らしいドライバーが加わってくれて、予想以上だ」

「我々が直面するであろうチャレンジと競争を過小評価することは決してないが、チームマネージャーのコリン(ヘイル)と共に、若く情熱的なチームに大きな信念を抱いている」

 カーリンと共にGP2を戦ったチルトンは、2012年にマルシャに加入しF1デビュー。2014年にF1を離れると2015年にカーリンに戻り、インディ・ライツを戦った。その後はチップ・ガナッシ・レーシングで2年戦ったものの、2018年にガナッシが体制を縮小するのに伴い、キンボールと同じくチームを放出されていた。

 チルトンは、様々な仕様のシリーズでレースをしているカーリンの経験がインディカーでも役に立つと考えている。

「カーリンは、現代のインディカーシリーズに参戦する最初のイギリスチームだ。それは、彼らの多大な努力と、大きな野望の結果だ」

「インディカーは非常に競争が激しいが、新しいエアロパッケージの導入は少しは僕たちの役に立つだろう。インディカーのような単一スペックのシリーズにおいて、カーリンは最大限のパフォーマンスを見つけることに秀でている」

 ガナッシで7年間戦ってきたキンボール。2007年のフォーミュラ・ルノー3.5時代に所属していたヴィクトリー・レーシングをカーリンが運営していたという接点がある。

「トレバーとカーリンチームと再び仕事をする機会を得るのに、すべてのものが適切なタイミングにあると思う」と彼はコメント。

「僕はすでに、マックスと2年間チームメイトだった。僕たちはお互いに、それぞれの長所と短所を補い合えると思う」

「インディカーは新しいレースチームを獲得したというだけでなく、このチームを構成する能力豊富で競争力のあるグループを獲得したことになるんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー チャーリー キンボール , マックス チルトン
チーム Carlin
記事タイプ 速報ニュース