IndyCar 108th Running of the Indianapolis 500

インディ500決勝速報|ニューガーデンが連覇! 佐藤琢磨は14位フィニッシュ

第108回インディ500の決勝レースが行なわれ、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンが連覇を達成した。

Josef Newgarden, Team Penske Chevrolet

 第108回インディ500の決勝レースは、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンが2023年に続いて連覇を達成した。

 今年のインディ500はスタート前に雷雨がインディアナポリス・モータースピードウェイを襲い、約4時間遅れでスタートした。

 レースはフロントロウを独占したペンスキー勢が優位に展開。しかし計8回のコーションで戦略が分かれ、最後まで誰が勝つか分からない接戦となった。

 抜きつ抜かれつのバトルが終盤まで続いたが、ファイナルラップのターン1をトップで抜けたのはパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレン)。しかしニューガーデンがバックスストレートで距離を詰め、ターン3で大外から見事なオーバーテイクを決め、エリオ・カストロネベス(2001-2002)以来の連覇を達成した。

 10番手からスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、3位となったスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)と同じような戦略を選び一時3番手を走ったが、集団の中でポジションを上げられるほどの速さはなく、14位でのフィニッシュとなった。

 

前の記事 第108回インディ500、雷雨予報でスタートディレイ。4時間遅れでのグリーンフラッグに向け、路面の乾燥作業進む
次の記事 ニューガーデンがインディ500連覇達成! 雷雨で4時間ディレイ、コーション8回の激戦制す。佐藤琢磨は14位

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本