インディ500、プラクティス2日目はホンダが上位独占。佐藤琢磨3番手

シェア
コメント
インディ500、プラクティス2日目はホンダが上位独占。佐藤琢磨3番手
David Malsher
執筆: David Malsher
2018/05/17 7:12

インディ500のプラクティス2日目は、ホンダ勢がトップ4を独占し、マルコ・アンドレッティがトップとなった。

Marco Andretti, Herta - Andretti Autosport Honda
Scott Dixon, Chip Ganassi Racing Honda
Danica Patrick, Ed Carpenter Racing Chevrolet
Helio Castroneves, Team Penske Chevrolet
Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda
Will Power, Team Penske Chevrolet
Robert Wickens, Schmidt Peterson Motorsports Honda
Sébastien Bourdais, Dale Coyne Racing with Vasser-Sullivan Honda
Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda

 インディ500のプラクティス2日目が行われ、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)がトップタイムをマークした。初日はシボレーエンジンを積んだチーム・ペンスキーがワンツーとなったが、この日はトップ4をホンダエンジンユーザーが占め、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は3番手となった。

 アンドレッティは、117周を走破。その中でこの日唯一の227mph(時速365km)台のラップを記録しセッショントップとなった。

 チップ・ガナッシのスコット・ディクソンが2番手。3番手には、5時間の走行セッションの残り40分でタイムアップした佐藤が入った。4番手には、ルーキーながら今季素晴らしい走りを見せているロバート・ウィッケンス(シュミット・ピーターソン)がつけている。

 シボレー勢トップは、カーリンのチャーリー・キンボール。今季初参戦のチームにとっては、当然今回が初のインディ500となる。

 トニー・カナーン(A.J.フォイト)は、スロットルセンサーの不具合のため、コーションの原因となってしまったが6番手。スリップストリームの影響を受けずに出したタイムでは、彼がトップだった。

 セッション中盤以降からは、各チームがレースを想定し、固まって走行をする場面もあった。ペンスキー勢も隊列を作って多くの周回をこなした。タイムシートのオーダーでは、ジョセフ・ニューガーデンの11番手が最上位だが、空力に関するデータをしっかりと収集していた。

 前日のプラクティスでは天候の影響もあり中断もあったが、この日は全35台で合計3300周の走行が行われ、佐藤も112周を走り込んでいる。

Indy 500 practice, Day 2

ClaDriverLapsTimeGapIntervalMph
1 98

united_states  マルコ・アンドレッティ

117 39.6383     227.053
2 9 new_zealand  スコット・ディクソン 115 39.7651 0.1268 0.1268 226.329
3 30 japan  佐藤琢磨 112 39.8039 0.1656 0.0388 226.108
4 6 canada  ロバート・ウィッケンス 113 39.8078 0.1695 0.0039 226.086
5 23 united_states  チャーリー・キンボール 87 39.8430 0.2047 0.0352 225.887
6 14 brazil  トニー・カナーン 85 39.8688 0.2305 0.0258 225.740
7 88 colombia  ギャビー・チャベス 79 39.9158 0.2775 0.0470 225.475
8 20 united_states  エド・カーペンター 93 39.9709 0.3326 0.0551 225.164
9 64 spain  オリオール・セルビア 115 40.0118 0.3735 0.0409 224.934
10 24 united_states  セージ・カラム 82 40.0201 0.3818 0.0083 224.887
11 1 united_states  ジョセフ・ニューガーデン 90 40.0417 0.4034 0.0216 224.766
12 13 united_states  ダニカ・パトリック 85 40.0766 0.4383 0.0349 224.570
13 29 colombia  カルロス・ムニョス 123 40.0780 0.4397 0.0014 224.562
14 21 united_states  スペンサー・ピゴット 86 40.0812 0.4429 0.0032 224.544
15 7 united_kingdom  ジェイ・ハワード 113 40.0821 0.4438 0.0009 224.539
16 4 brazil  マテウス・レイスト 59 40.0879 0.4496 0.0058 224.507
17 59 united_kingdom  マックス・チルトン 80 40.0978 0.4595 0.0099 224.451
18 3 brazil  エリオ・カストロネベス 98 40.1039 0.4656 0.0061 224.417
19 27 united_states  アレクサンダー・ロッシ 103 40.1404 0.5021 0.0365 224.213
20 66 united_states  J.R.ヒルデブランド 69 40.1556 0.5173 0.0152 224.128
21 12 australia  ウィル・パワー 97 40.1778 0.5395 0.0222 224.004
22 28 united_states  ライアン・ハンター-レイ 112 40.1859 0.5476 0.0081 223.959
23 60 united_kingdom  ジャック・ハーベイ 117 40.1923 0.5540 0.0064 223.923
24 22 france  シモン・パジェノー 97 40.2276 0.5893 0.0353 223.727
25 63 united_kingdom  ピッパ・マン 78 40.2445 0.6062 0.0169 223.633
26 26 united_states  ザック・ビーチ 120 40.2461 0.6078 0.0016 223.624
27 10 united_arab_emirates  エド・ジョーンズ 68 40.2518 0.6135 0.0057 223.592
28 32 united_states  カイル・カイザー 106 40.3128 0.6745 0.0610 223.254
29 5

canada  ジェームス・ヒンチクリフ

129 40.3262 0.6879 0.0134 223.180
30 18 france  セバスチャン・ブルデー 110 40.3325 0.6942 0.0063 223.145
31 17 united_states  コナー・デイリー 87 40.4200 0.7817 0.0875 222.662
32 25 united_kingdom  ステファン・ウィルソン 104 40.4621 0.8238 0.0421 222.430
33 33 australia  ジェームス・デイビソン 74 40.4623 0.8240 0.0002 222.429
34 15 united_states  グラハム・レイホール 78 40.5220 0.8837 0.0597 222.102
35 19 canada  ザカリー・クラマン・デメロ 67 40.5729 0.9346 0.0509 221.823
 
次の IndyCar ニュース
マクラーレンのインディカー復帰はあるのか? 噂を肯定も否定もせず

前の記事

マクラーレンのインディカー復帰はあるのか? 噂を肯定も否定もせず

次の記事

佐藤琢磨、走行2日目は3番手「良い走りができ、勇気付けられた」

佐藤琢磨、走行2日目は3番手「良い走りができ、勇気付けられた」
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
ロケーション インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
執筆者 David Malsher
記事タイプ フリー走行レポート