新型コロナ感染拡大を懸念し、ミッドオハイオ戦の開催延期が急きょ決定

シェア
コメント
新型コロナ感染拡大を懸念し、ミッドオハイオ戦の開催延期が急きょ決定
執筆:

アメリカのいくつかの地域での新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、来週予定されていたミッドオハイオ戦が急きょ延期されることとなった。

 インディカーシリーズは8月7日~9日に開催予定だったミッドオハイオでのダブルヘッダーラウンドを急きょ延期することを発表。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念しての決断となった。

 今週初めにインディカーはポートランドとラグナセカでのレースを中止することを決定。これでレース数が少なくなったのを補うためにミッドオハイオ、ゲートウェイ、インディアナポリス・ロードコースをダブルヘッダー開催に変更するとしていた。

 しかし、アメリカの統計情報サイト「Worldmeters」によると、サーキットがあるオハイオ州での感染者がここ最近増加傾向にあり、1週間あたりでの新規感染者数は6週間前は410人だったのが、8月1日の時点では1341人となり、227%も増加していることが分かった。

 オハイオ州でも感染が拡大しつつあることを受け、ミッドオハイオ戦を9月か10月に延期することが決定。8月1日にプレスリリースを発表した。

「インディカーとミッドオハイオスポーツカーコースは、8月7日~9日に予定されている『ホンダ インディ200』の開催を9月もしくは10月に延期することに合意しました。現在の状況を考慮し、地元の保健当局と協議の上、決められました」

「私たちはパートナー、地方自治体と協力して、今年の後半にミッドオハイオでの『ホンダ インディ200』の代替日程の決定に努めていきます。詳細な情報は、決まり次第発表されます」

「この延期を乗り切るにあたり、私たちはファンの忍耐と理解に感謝しています」

 2020年のインディカーシリーズはセントピーターズバーグが最終戦に移動し、トロントとポートランドの中止が決定。そしてミッドオハイオも開催1週間前に延期が決まるなど、新型コロナウイルス感染拡大の影響により相次ぐスケジュール変更を余儀なくされている。

 当初は17戦を予定していた今季のインディカーだが現段階では14戦の開催を目標としている。しかしミッドオハイオ戦の日程が未定となり、最新のカレンダーでは12戦の状態となっている。

Read Also:

2020インディカー・シリーズ改訂版カレンダー(8月1日時点)

Date Venue
6月6日 テキサス 
7月4日 インディアナポリス・ロードコース
7月11日 ロードアメリカ
7月12日 ロードアメリカ
7月17日 アイオワ
7月18日 アイオワ
8月23日 インディ500
8月29日 ゲートウェイ
8月30日 ゲートウェイ
10月2日 インディアナポリス・ロードコース
10月3日 インディアナポリス・ロードコース
10月25日 St.ピーターズバーグ
インディカー、ポートランドとラグナセカが中止に。ダブルヘッダー戦が増加

前の記事

インディカー、ポートランドとラグナセカが中止に。ダブルヘッダー戦が増加

次の記事

2020年のインディ500、無観客での開催が決定

2020年のインディ500、無観客での開催が決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント ミッド・オハイオ
執筆者 David Malsher