アロンソ、テストで共通エアロのインディカー走行。ドライブは難しくなった?

シェア
コメント
アロンソ、テストで共通エアロのインディカー走行。ドライブは難しくなった?
執筆:
2019/04/10 3:19

テキサス・モータースピードウェイでテストしたフェルナンド・アロンソは、ユニバーサル・エアロキットを搭載したマシンでオーバルコースをドライブするのは難しいだろうと語った。

 2017年のインディ500でインディカー初参戦を果たしたフェルナンド・アロンソは、今年のインディ500にも参戦を予定。それに先立ち、テキサス・モータースピードウェイで9日(火)にテストを行った。

 2017年と大きく異なるのは、その空力パッケージである。当時はシボレーとホンダがそれぞれ独自に空力パッケージを開発していたが、今はユニバーサル・エアロキットの搭載が義務付けられている。

「僕は昨年、みんなの声を聞いた。おそらく、ダウンフォースが少なくなるんじゃないかと思っていた」

 アロンソはそう語った。

「そのマシンは、ドライブするのが難しいかもしれない。特に別のマシンの後ろについて走る時はね。今日は僕ひとりだったから問題はなかったけど……」

「しかしチャレンジングになるだろうと想像している。特に今年、僕にはアンドレッティ(オートスポート)の”環境”がないからね。今年は自分たちだけでやらなきゃいけない」

 今回アロンソがテストを行ったテキサス・モータースピードウェイと、インディ500の舞台であるインディアナポリス・モータースピードウェイは、距離も含めて大きな違いがある。しかしアロンソは、今回のテストから有益なデータを入手できることを期待していた。

「この特別なセッティングが必要な、オーバルコースに戻るのは素晴らしいことだ」

 アロンソはそう語った。

「このクルマは左に曲がる。だから自分でステアリングを操作するのは少しだけなんだ。このスピードウェイに慣れようとすると、ちょっと奇妙なことになるかもしれない。特にターン3とターン4は大きくバンクしているからね……これはインディアナポリスとは異なるんだ。でも、うまくいけば僕らにとって良い準備になるだろう」

「僕にとっては、マシンに慣れるために必要だった。マシンは新車だし、チームも新しい。シートポジションやヘッドレスト、ペダル、ハンドルなど、好みの面でもね」

「チームとしてのセッティングを整えるためにも、重要だと思う。チームやピットウォールの中で、誰が何をしているのか……この環境は、みんなにとって全く新しいモノなんだ。そして24日のインディアナポリスでのテストまでにできるだけ多くの問題を解決し、そしてインディ500に向けた準備を整えるんだ」

 アロンソは今年がインディ500挑戦2回目。初挑戦の2017年よりも、ずっと準備が整っているように感じて本番に臨むことができるだろうと語った。

「少なくともレースや、インディ500の雰囲気を知っている。ドライバーズパレードやフォーメーションラップも知っているし……全てのことが驚きだから、最初に来た時には多くのエネルギーを使うことを知っているんだ」

「エネルギーということを考えれば……僕は今ではそれをセーブすることができる。それがどうなるのか、すでに分かっているんだ。僕はリズムを持ってレースに入ることができるし、予選ではもう少しエネルギーと集中力をかけることになる」

「でも、ゼロからスタートするように考えるつもりだ。当たり前のことはしたくない。過去全てのレースを見直して、エンジニアやその他全ての面でゼロからスタートしたい。最初の時のようにシミュレータに乗りたいし、できればピットストップの練習もしたい。できるだけ多くの準備をしたいんだ」

 アロンソはF1モナコGP、ル・マン24時間、インディ500の世界三大レース完全制覇を成し遂げることを目指している。すでにモナコとル・マンを勝っているアロンソ……勝つまでインディ500に挑戦を続けるのかと尋ねられると、彼は次のように語った。

「それは可能性、間違いなく可能性だよ。うまくいけば、少なくとも今年は、競争力があるはずだ。そしてアドレナリンを感じることができる、インディ500だけが持っている魔法だ」

「勝つのがどれほど難しいか、それは分かっているつもりだ。レースの全てを尊重し、ライバルたちを尊重し、その上少し運も必要なんだ。その日が自分のモノにならなければならないし、ある意味で勝つためには、レースに選ばれないといけない。それも、僕らは分かっている」

「いくつかのことは、僕らの手の届かないところにある。だから、チームとしてできることの全ての集中し、完璧なレースをする……そして最後にどんな結果になるのかを待つだけだ」

「昨年ル・マンに勝ったので、(三冠達成までに)残るのはインディ500だけだ。今年の初め、デイトナ24時間に勝つためには、十分幸運だった。だからいつか僕がインディ500に勝ったとしても、もう三冠ではない。三冠+αになるだろうね」

 しかしアロンソは、インディカー・シリーズにフル参戦することについては、今も躊躇している。

「昨年、インディ500に再挑戦するということについて話し始めた際、それは可能性のひとつだった」

「今年はWECにフル参戦し、デイトナ24時間にも挑戦した。(今年インディにフル参戦したら)それは僕にとって厳しすぎると思う」

「今年については無理だったけど、将来も不可能だというわけじゃない。でも現時点では、何も考えていないよ」

次の記事
完勝の佐藤琢磨にブルデー&ディクソン脱帽「今回のサトーは速すぎた」

前の記事

完勝の佐藤琢磨にブルデー&ディクソン脱帽「今回のサトーは速すぎた」

次の記事

motorsport.com編集長日記:「佐藤琢磨とイチロー」

motorsport.com編集長日記:「佐藤琢磨とイチロー」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 David Malsher
まずは最新ニュースを読む