アロンソ、9月に18年インディカーをテスト? 来季の去就決定は10月以降

シェア
コメント
アロンソ、9月に18年インディカーをテスト? 来季の去就決定は10月以降
執筆: Tom Errington
協力: Edd Straw
2018/08/17 6:21

2018年末にF1を離れることを発表したアロンソは、今後数カ月以内に2018年のインディカーマシンをテストする可能性があり、本人もそれを認めた。

 来季F1に参戦しないことを発表したフェルナンド・アロンソ。世界三大レースを制する”トリプルクラウン”を目指している彼は、残るインディ500制覇に向けて、今後数カ月以内に共通エアロキットを装着した2018年仕様のインディカーマシンをテストする可能性があるようだ。

 今週初め、インディカー・シリーズCEOのマーク・マイルズは、motorsport.comにマクラーレン&アロンソの2019年インディカー参戦に協力していることを明かした。

 マクラーレンはすでにテストを行うことを検討しており、その際にはアンドレッティ・オートスポートがマシンを走らせることになるだろう。アンドレッティとマクラーレンは、2017年にアロンソがインディ500に参戦した際にタッグを組んでいる。

 アロンソのテストは、9月にポートランドで行われるインディカーの第15戦終了後に、バーバー・モータースポーツ・パークで行われる可能性があるようだ。バーバーは、アロンソがインディカーのパドックを初めて訪れた場所だ。

 アロンソによれば、インディカーマシンをテストするチャンスは、最近生まれたものだという。

「(インディカーをテストする)チャンスがあることは分かっている。それは、ここ数日で生じた可能性だ」

「僕は考え、決断するつもりだ。僕は昨年のインディ500をかなり楽しんだので、面白いだろう」

「僕は普通のセットアップや普通のコースで、その(2018年から導入された共通エアロキットを装着した)マシンに乗ったことはない。だから可能性はある」

「だけどまず第1に、F1からのリタイアについて塾考するのに時間をかけたいと思っている。それに、今週末の世界耐久選手権(第3戦シルバーストン6時間レース)で優勝するのが優先事項だ」

 あらゆる兆候から、アロンソの2019年インディカー参戦が示唆されているが、未来は未定だと彼は主張している。

「(来年の挑戦について)考えているところだ。そして(ファンやメディアにとって)悪いニュースかもしれないが、数カ月は決断を下せないと思うし、何かを発表する準備が整うとしてもおそらく10月あたりになると思う」

「長い待ち時間の間に、多くの予測がなされるだろうね」

 アロンソは、自身が参戦した昨年のインディ500について”良い準備ができなかった”と振り返り、F1関係の用事がない時に、テストを重ねることを歓迎している。

「来年F1でレースをしないので、もう少し準備を整えることができる」

「昨年は時間もテストも限られていた。午前中にシミュレーターで作業し、午後はフリー走行でコースに出ていた」

「もう少しリラックスしてテストを重ねれば、もっと良い準備ができる」

 motorsport.comの調べによると、今月末までにマクラーレンのインディカー参戦計画が発表されると見られている。2019年のF1ラインアップの決定が最優先だったが、アロンソの後任としてカルロス・サインツJr.との契約がまとまったからだ。

 マクラーレンはアンドレッティと長期の提携契約を結び、2台体制で参戦することを計画しているようだ。しかし、まだその参戦計画の詳細は見えてきていない。チップ・ガナッシとの契約延長を発表するまでは、スコット・ディクソンもそのドライバー候補のひとりだったようだ。

 ホンダ側はマクラーレンへのエンジン供給の可能性を排除していないが、シボレーの方がマクラーレンと契約する可能性が高いと示唆されている。しかしその場合、アンドレッティがホンダと契約しているため、何らかの回避策を用意しなければならないだろう。

次の IndyCar ニュース
ホンダ、アロンソがインディに参戦するなら”歓迎”「世代最高のドライバー」

前の記事

ホンダ、アロンソがインディに参戦するなら”歓迎”「世代最高のドライバー」

次の記事

トヨタ、ロングビーチGPのタイトルスポンサー終了。44年の歴史に幕

トヨタ、ロングビーチGPのタイトルスポンサー終了。44年の歴史に幕
Load comments

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
執筆者 Tom Errington
記事タイプ 速報ニュース