アロンソ、マクラーレンゆかりのカーナンバー“66”でインディ500に再挑戦

シェア
コメント
アロンソ、マクラーレンゆかりのカーナンバー“66”でインディ500に再挑戦
執筆:
2019/02/27 4:07

フェルナンド・アロンソは新しいカーナンバーで2019年のインディ500に再挑戦する

 F1で2度のワールドチャンピオンに輝き、2018年を最後にF1から一旦離れることを宣言しているフェルナンド・アロンソは、2019年のインディ500に参戦することとなっている。

 アロンソのインディ500挑戦は、2017年以来2度目となる。前回は27周のリードラップを記録するなど終始上位を走行。エンジントラブルにより総合24位に終わったものの、その印象的な走りからインディ500のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

 前回はカーナンバー29で参戦したアロンソだが、今年は車番を66に変更する。これは、1972年にマクラーレンがコンストラクターとして初めてインディ500を制した時に、ドライバーのマーク・ダナヒューがつけていた番号だ。

 ダナヒューはペンスキーチームから5度インディ500に参戦し、その全てで66番を使用している。1971、72年には2度にわたってマクラーレン製シャシーで参戦。優勝した1972年は、当時の平均速度の最高記録でフィニッシュした。

 なお、マクラーレンは今年、インディ500でシボレー製のV6ターボエンジンを搭載する。これは昨年のインディ500でウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を優勝に導いたエンジンでもある。

次の記事
アキュラ、ロングビーチのタイトルスポンサーに。複数年契約を締結

前の記事

アキュラ、ロングビーチのタイトルスポンサーに。複数年契約を締結

次の記事

佐藤琢磨、インディ500仕様マシンで雨の鈴鹿を激走

佐藤琢磨、インディ500仕様マシンで雨の鈴鹿を激走
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む