F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
06 時間
:
30
:
35
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
06 時間
:
30
:
35
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days

マリオ・アンドレッティ、フェラーリは「インディに参戦すべき」と主張

シェア
コメント
マリオ・アンドレッティ、フェラーリは「インディに参戦すべき」と主張
執筆:
協力: Franco Nugnes
2020/05/11 3:23

アメリカモータースポーツ界の伝説的ドライバーであるマリオ・アンドレッティは、フェラーリはシャシービルダー、そしてエンジンサプライヤーとして、インディカー・シリーズに参戦することを検討すべきだと語る。

 アメリカのモータースポーツ界の伝説的ドライバーのひとりであるマリオ・アンドレッティは、フェラーリがインディカー・シリーズに参戦することを期待。シャシーとエンジンの両方のメーカーとして、アメリカのホープンホイールレースに参入すべきだと語った。

 フェラーリは、フィアット・クライスラーグループ(FCA)の1企業である。そのFCA傘下のメーカーがインディカーに参戦したのは、1989〜1991年のアルファロメオが最後。ただこれはうまくいかぬまま、プロジェクトは終了することになった。

 フェラーリもインディカー参戦を真剣に検討したことがある。それは1985年のこと。実際にインディカー用マシン”637(メインの写真のクルマ)”を作り上げ、ボビー・レイホールと契約を結ぶことを話し合っていた。また、ミケーレ・アルボレートの手により、フィオラノでテスト走行も行なっている。

 マリオ・アンドレッティは、F1とインディカーの両方でチャンピオンに輝いた4人のドライバーのひとりだ。そのアンドレッティは、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットと、インディカー・シリーズのオーナーであるロジャー・ペンスキーが、将来の可能性について話し合うべきだと主張する。

 アンドレッティはガゼッタ・デロ・スポルトのインタビューに応え、次のように語った。

「フェラーリが参加してくれれば、信じられないほど素晴らしいことだろう。エンジンサプライヤーとしてだけではなく、シャシービルダーとしても参入してくれればなおさらだ」

「レギュレーションを変更しなければならないのは確かだ。しかし、ダラーラとフェラーリという、イタリア企業同士の戦いを見てみたい。フェラーリは、インディカーへの興味を高めているはずだが、レギュレーションには障壁がある」

「ビノットには、ロジャー・ペンスキーにアイデアを提案することをお勧めしたい」

 公式な発表はなされていないが、FCAはホンダ、シボレーに次ぐ3番目のエンジンサプライヤーとして、インディカーに参戦することを検討していたと言われている。その時のブランド名はアルファロメオになる予定だった。

 しかし、FCAのCEOを務めていたセルジオ・マルキオンネが急死したことにより、その計画は突如中止に。代わりにその予算は、ザウバーF1の名称をアルファロメオに変える資金に転用されることになった。

Read Also:

次の記事
「アメリカはライブスポーツを必要としている」インディ開幕決定に際し関係者が声明

前の記事

「アメリカはライブスポーツを必要としている」インディ開幕決定に際し関係者が声明

次の記事

2020年のインディカー最終戦、10月25日にセント・ピーターズバーグで開催

2020年のインディカー最終戦、10月25日にセント・ピーターズバーグで開催
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー Mario Andretti
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 David Malsher