IndyCar

アンドレッティ、約275億円を投じインディアナ州に巨大ファクトリー建設へ。2025年までの稼働目指す

アンドレッティ・オートスポートの親会社であるアンドレッティ・グローバルは、インディアナ州フィッシャーズに統括モータースポーツ本部を建設すると発表した。

 アンドレッティ・オートスポートの親会社にあたるアンドレッティ・グローバルは、インディアナ州フィッシャーズのニッケルプレート・トレイルやリッチー・ウィズ自然保護区、インディアナポリス・メトロポリタン空港に隣接する約36ヘクタールの敷地に、約5.3ヘクタールの新たなファクトリー「ユニバーサル・モータースポーツ本部」を建設すると発表した。

 アンドレッティが2億ドル(約275億円)を投じるこの施設は、チームが現在展開しているインディカーやフォーミュラE、IMSAプログラムなどその他レース活動の拠点にグローバルビジネス部門を追加して機能すると計画されている。

 レーシングチームとしての通常業務に加え、研究開発部門であるアンドレッティ・テクノロジーズもこの新グローバル本部に統合される予定だ。

 新ファクトリーでは、「フィッシャーズ・パーク・ネイチャー・ファースト・プログラムへの参加や屋内円形劇場の計画、アンドレッティの遺産保存と展示、モータースポーツの未来を鼓舞する博物館とイノベーションセンターを通じ、地域社会や世界中のレースファンを歓迎する機会を提供する」とのことだ。

 この新たなグローバル本部は2022年秋に着工し、2025年までに稼働する予定で、2026年初頭までに最大500人の雇用を地元エリアにもたらすという。

 インディアナ州経済開発公社(IEDC)の理事会は、アンドレッティ・オートスポートの投資計画に対して、条件付き税額控除という形で最大1900万ドル(約26億円)、トレーニング補助金として最大12万5000ドル(約1700万円)の投資を約束している。またフィッシャーズ市からは、さらなるインセンティブが与えられるという。

Michael Andretti, Chief Executive Officer & Chairman Andretti Autosport

Photo by: Andreas Beil

 アンドレッティ・グローバルのマイケル・アンドレッティ会長兼CEOは、新ファクトリーの計画発表に際して次のように語っている。

「インディアナ州は、レースの歴史において、またドライバーやオーナーとして重要な位置を占めている。世界のレースの中心地であるインディアナ州が、今後長期に渡り弊社のグローバルなレースの活動拠点となることを発表できて嬉しく思っている。新しいキャンパスの計画にも期待しているし、フィッシャーズのコミュニティの一員となることを楽しみにしている」

「過去20年以上、私は弊社の事業拡大に尽力してきた。多様なレースポートフォリオを構築してきた道のりを誇りに思う」

「現在の施設は、我々によく貢献してくれている。我々のチームは、スポーツとビジネスの両分野で拡大を続けており、スタッフは最高の環境とリソースを手にするにふさわしい。我々が建設と成長を続ける中で、多くのチームがひとつ屋根の下で作業することにワクワクしている」

「我々にとっては、単にマシンを整備する場所というだけではない。グローバルなモータースポーツ拠点を持ち、それをスタッフやファン、スポンサーと共有することでモータースポーツを発展させ、レガシーを未来永劫残すことに繋がるのだ」

 インディアナ州知事のエリック・J・ホルコムは、次のように語っている。

「アンドレッティ・オートスポートがインディアナ州の発展に貢献することで、モータースポーツとSTEM(科学・技術・工学・数学)関連分野において、この州のリーダーとしての地位をさらに強固なモノとするだろう」

「この新キャンパスは、エキサイティングな新規雇用機会をもたらす。最も急速に成長しているコミュニティのひとつにとっては、財産となるだけでなく、この生きたレガシー、世界で最も有名で象徴的なブランドのひとつが、この素晴らしい州の未来にどれだけ投資し続けているかを示すモノだ」

 フィッシャーズ市長のスコット・ファドネスは、アンドレッティの計画について「インディアナポリス・メトロポリタン空港のこの特別な敷地で夢がかなう」と表現し、インディアナポリス空港公団のマリオ・ロドリゲス執行役員は次のように語った。

「2015年、インディアナポリス航空公団とフィッシャーズ市は、フィッシャーズの住民の生活水準を高めるために、この土地を最大限に活用することで提携した」

「アンドレッティがこの場所を選び、フィッシャーズの重要なビジョンと、この素晴らしい取り組みを率いる象徴的なチームをサポートしてくれることを嬉しく思う」

 なおアンドレッティ・オートスポートは、11チーム目として2024年シーズンからのF1参戦を目指しており、今季のマイアミGPではFIAのモハメド・ベン・スレイエム会長と協議を行なっていた。

 ただ、既存10チームは配当金の割合減少などもあり、アンドレッティのF1参戦を大手を振って受け入れるという状況ではない。

 

Read Also:

前の記事

ニューガーデン、終盤の逆転で5勝目マーク。佐藤琢磨は今季最高5位|インディカー第15戦ゲートウェイ

次の記事

マクログリン今季3勝目で、王者争いに望み繋ぐ。佐藤琢磨は18位|インディカー第16戦ポートランド

最新のビデオ

新着ニュース一覧

My Personal Information
Motorsport Network
part of
アプリをダウンロード