アロー・マクラーレン、突然解雇のプルシェールに「彼が悪かったわけではない」と釈明。期待の若手起用を優先

アロー・マクラーレンは、テオ・プルシェールではなくノーラン・シーゲルと複数年契約を結んだ理由について、プルシェールが悪かったわけではないと説明した。

Theo Pourchaire, Arrow McLaren Chevrolet

#6: Theo Pourchaire, Arrow McLaren Chevrolet

写真:: Arrow McLaren SP

 アロー・マクラーレンのスペシャルアドバイザーを務めるトニー・カナーンは、わずか数戦でインディカーのシート失うことになったテオ・プルシェールについて、彼がなにか悪いことをしたわけではないと説明した。

 プルシェールは今季、TEAM IMPULと契約してスーパーフォーミュラの開幕戦を走ったが、負傷したデビッド・マルーカスの代役としてインディカーに出場し、印象的な走りを披露。その後アロー・マクラーレンと今季残りのレース(インディ500を除く)を走る契約を交わし、6号車のドライバーとなった。それに伴い、TEAM IMPULを離脱することになった。

 しかし第8戦ラグナセカを前に、マクラーレンはノーラン・シーゲルと複数年契約を締結したことを発表。今後6号車のドライバーとして起用していくことを明らかにした。

 結果として、プルシェールは開幕戦とインディ500を除く5レースを戦っただけで、アロー・マクラーレンのシートを失うことに。2023年のF2王者であるプルシェールだが、一気にキャリアの先行きが不透明となってしまった。

 アロー・マクラーレンのチーム代表ギャビン・ワードとスペシャルアドバイザーのカナーンは一部メディアとの電話会見で、プルシェールはシートを失うような悪いことは何もしていないと説明。それよりも先週末のル・マン24時間レースでLMP2クラス優勝を果たし、インディカーの関係者が高く評価している19歳の有望株、シーゲルの獲得する方が重要だったと繰り返し主張した。

「彼は何も悪いことはしていない」とカナーンは語った。

「ただ、そういう状況だった。そう判断せざるを得なかった」

「彼個人が原因ではないし、彼のパフォーマンスのせいではない。彼は自分にできることをやってきた」

「もちろん彼は満足していなかったが、理解していたよ」

Nolan Siegel, Arrow McLaren

Nolan Siegel, Arrow McLaren

Photo by: Arrow McLaren SP

 ウォード代表は、この決断のタイミングについて、先週末のル・マン24時間レースでユナイテッド・オートスポーツ22号車に乗り、LMP2クラスを制したシーゲルを逃さないためだったと説明した。

 マクラーレン・レーシングのザク・ブラウンCEOがオーナーのチームであったことも、その判断を後押ししたのかもしれない。

 シーゲルは今季、インディNXTに参戦しつつ、デイル・コイン・レーシング、フンコス・ホリンジャー・レーシングからインディカーにもスポット参戦している。

「言うまでもなく、我々は以前テオが今年の残りのレースを戦うと発表した。それはその時に使える選択肢だったんだ」

「ノーランはインディーカーと北米のレース・シーンにおいて、新進気鋭の有望株である。彼に注目していなかったかと言えば嘘になる」

「テオをマシンに乗せた時点で、ノーランはインディNXTのシーズンに専念しており、日程の衝突やデイル・コインとのプログラムもあって、フルシーズンを走るのは望めそうになかった」

「彼の成長と、彼がロード・アメリカでNXTから離れるという選択をしたことで、急きょこの話が持ち上がった」

「そして2025年へのコミットメントを検討する中で、論理的に行なうべきことが明らかになった。簡単な決断ではなかった……理屈では明白だが、感情的には簡単ではなかった」

「できるだけ早く彼をマシンに乗せ、来年につなげたいんだ」

 前述のように、プルシェールは開幕戦とインディ500を走っていないにも関わらず、ランキングは21番手。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの有力候補であるリヌス・ルンドクヴィスト(18番手)との差はわずか25ポイントだ。

 マクラーレンは来季パトリシオ・オワードとシーゲルの起用を決定し、3つのシートのうちふたつが埋まった形。だが7号車に乗っているアレクサンダー・ロッシの去就はまだ決まっていない。

 プルシェールを来季起用する可能性は検討されていないのかと聞かれたウォード代表は、次のように答えた。

「いや、それはないと思う。この交代劇の本当の目的は、チームが必要としている安定性を求めることだ」

「うまくいけばメリーゴーランドを止めることができる。率直に言って6号車のシートをどのように埋めるか、反射的ではなく、積極的な判断を下すための初めての機会が生まれた」

「これは急な反応ではない。戦略的なことなんだ」

「2025年に向けたコミットメントが一旦整理されたなら、それに向かって最善の準備をするために、ノーランをすぐにマシンに乗せることは非常に論理的な判断だ」

 

前の記事 テオ・プルシェール、わずか数戦でインディカーのシート失う。アロー・マクラーレンがノーラン・シーゲルと複数年契約
次の記事 アレックス・パロウ、コーション5度のレースを制し今季2勝目|インディカー第8戦ラグナセカ

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本