マクラーレンのインディカー”フル参戦は”時間の問題?

シェア
コメント
マクラーレンのインディカー”フル参戦は”時間の問題?
執筆:
2019/04/19 9:31

マクラーレンのザク・ブラウンは、インディカー・シリーズへのマクラーレンのフル参戦が実現するのは「時間の問題」だと語った。

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、マクラーレンがインディカー・シリーズにフル参戦するのは時間の問題としながらも、それが2020年からになるのか、あるいは2021年からなのかはまだ未定だと語った。

 マクラーレンはアンドレッティ・オートスポートと組み、フェルナンド・アロンソを擁して2017年のインディ500に参戦した。そして今季、カーリンのサポートを受ける形で、再びアロンソと共にインディ500に挑む。

 先日行われたロングビーチ戦を視察したブラウンはメディアに対し、マクラーレンの株主はインディカー・シリーズにフル参戦することに興味を持っていると語った。

「我々はこのレースシリーズの大ファンだ」

 そうブラウンは語った。

「マーク・マイルズ(インディカーCEO)と彼のチームは、素晴らしい仕事をしたと思う。レースは素晴らしいし、優れたチームとドライバーがいて、素晴らしい会場がある。故に、マクラーレンがレースをしたいと思える場所だ」

「マクラーレンはF1に集中してきたし、今後もそれを続けていく。しかしF1チームのリーダーシップは、バランスを取ることができた。ジェームス・キーがテクニカルディレクターとしての仕事を始め、アンドレアス・ザイドルがマネージングディレクターだ。彼は来月チームに参加するだろう。それを完成させることが、本当に必要なのだ」

「そして今年マシンを手に入れ、インディアナポリスに行くために投資している。これは別の方向へのもうひとつのステップだ」

「マクラーレンの株主が、インディカーに参加したいと思っていることは間違いない。それは”もし”というよりも”いつ”という問題だと思う。そしてもし2020年からそうするのであれば、正しく準備するため、今年の夏には決断しなければいけないと思う」

「しかし、2020年から参戦するという可能性については除外するものではない。その決定は、夏の間に行われるだろう。それができなければ、2021年からの可能性を検討する」

 またブラウンは、motorsport.comの独占取材にも応え、次のように語った。

「参戦するタイミングについては、確かめる必要がある。インディカー・シリーズにいるべきだということについては確信している。しかしその一方で、F1でのポジションにも満足していることが必要なのだ。我々は良いオフシーズンを過ごし、そして序盤数レースは非常に良いレースができている。でもそれはまだ、わずか数戦なんだ」

「しかし我々の株主は、インディカー・シリーズに参戦することについて支持してくれている。それは時間の問題であり、全体的な結論になるだろう」

「タイミングが正しく、そして組織としてリソースを使い果たすことなく複数のレースシリーズに参戦することができる時、私は究極の提案をするだろう。しかし、我々はまだその立場にいない」

 またブラウン曰く、マクラーレンがインディカーにフル参戦する時期については、2022年に新シャシーが導入されること、そしてホンダやシボレーに次ぐ第3のエンジンメーカーが参入するかどうかには、左右されることはないという。

「我々の準備ができたら、参戦するつもりだ」

 そうブラウンは語る。

「インディカーはそれほど高価ではない。だから新シャシーが導入されても、我々の動きに影響が及ぶことはない」

「エンジンの決断については、彼らがどれほど進歩していて、彼らについてどれだけの自信を持つことができるかによると思う。現時点では、シボレーとの仕事に満足している(今年のインディ500で、マクラーレンはシボレーのエンジンを採用する)。彼らと築いている関係についても満足しているんだ。しかし全てのことと同じように、ケース・バイ・ケースでそれらを見直す必要がある」

 先日、テキサス・モータースピードウェイでインディカーのマシンをテストしたフェルナンド・アロンソは、インディカー・シリーズにフル参戦する可能性について、「現時点では何も考えていない」と語った。そして、彼とマクラーレンの契約は、今年限りで切れることになっている。

 アロンソについてブラウンは、次のように語る。

「我々は長期的な契約に関する基礎を持っている。しかし、全ての契約と同じように、様々な要素があるのだ」

 なお、マクラーレンのインディカー・シリーズへのフル参戦計画に、アロンソの参戦も含まれているのかと尋ねると、ブラウンはシンプルに次のように答えた。

「それはノーだ」

 またブラウンは、フル参戦する際には、インディアナポリスまたはその周辺に拠点を置くと示唆。既存チームとのパートナーシップについては考えていないとも語った。

「カーリンとの関係を築いたのは、我々が1台でのエントリーだったからだ」

 今年のインディ500を引き合いに出し、ブラウンはそう語った。

「しかし、フル参戦するのであれば、我々は2台のマシンを走らせる”マクラーレン・レーシング・チーム”として、自己完結することになるだろう」

次の記事
ロングビーチで圧勝。ロッシ、亡くなった祖父に捧ぐ完璧な勝利

前の記事

ロングビーチで圧勝。ロッシ、亡くなった祖父に捧ぐ完璧な勝利

次の記事

motorsport.com編集長日記:「チェンジリング」

motorsport.com編集長日記:「チェンジリング」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 David Malsher
まずは最新ニュースを読む