メルセデスのFEコンビがインディカーをテストへ。デ・フリーズはメイヤー・シャンク、バンドーンはアロー・マクラーレンSPから参加

ニック・デ・フリーズとストフェル・バンドーンは、12月初旬にセブリングでインディカーをテストすることとなった。

メルセデスのFEコンビがインディカーをテストへ。デ・フリーズはメイヤー・シャンク、バンドーンはアロー・マクラーレンSPから参加

 メルセデスのフォーミュラEドライバーであるニック・デ・フリーズとストフェル・バンドーンは、12月6日にセブリング・インターナショナル・レースウェイのショートコースで行なわれるインディカーのテストに共に参加することとなった。

 マクラーレンからF1を戦った経験のあるバンドーンは、以前マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンが示唆していた通り、2023年までに3台体制への拡充を目指すアロー・マクラーレンSPのマシンをテストする。

 一方、2020-2021シーズンのフォーミュラE王者に輝いたデ・フリーズは、メイヤー・シャンク・レーシングのマシンをドライブする機会を得た。共同オーナーのメイヤー・シャンクはデ・フリーズを「突出した存在で、ロックスターのようだ」と評している。

 シャンクはこう語る。

「現在のドライバーの状況がどうであれ、我々は常に未来を見据えている。誰がどんなパフォーマンスを見せるのかに注目し、どんなニーズがあるのかを考えている」

「我々はチームを進化させ続けている。私の考えでは、少なくともニックは突出した存在で、ロックスターのような人間だと思っている。それにF2のチャンピオンであり、フォーミュラEのチャンピオンでもある」

「彼が我々のチームに加入する可能性があるか? それは分からない。彼はスポーツカーレースに転向するかもしれないし、インディカーに転向する可能性もある。ただ我々は彼がどんな人間なのかを見たかったので、このテストを計画した」

「フォーミュラEでチームメイトのバンドーンとの比較は興味深いが、ふたりとも非常に優れたドライバーであることに変わりはない。それにしても、我々が今日IMSAチームのドライバーとして発表したトム・ブロンクヴィストが、バンドーンのWECでのチームメイトだなんて、不思議な偶然だ。色んな事象が複雑に絡み合った結果、こうやってどこかで繋がるんだろうね」

 
Read Also:

シェア
コメント
英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラにはさらなる均衡化が必要?
前の記事

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラにはさらなる均衡化が必要?

次の記事

日本で花開いた早世のナイスガイ、ジェフ・クロスノフ。親友マウロ・マルティニが語るふたりの思い出と突然の別れ

日本で花開いた早世のナイスガイ、ジェフ・クロスノフ。親友マウロ・マルティニが語るふたりの思い出と突然の別れ
コメントを読み込む