トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

ドラゴンスピード、2020年のインディカーフル参戦は叶わず。6戦にスポット参戦

シェア
コメント
ドラゴンスピード、2020年のインディカーフル参戦は叶わず。6戦にスポット参戦
執筆:
2019/12/25 9:51

2020年にインディカーフル参戦をする予定だったドラゴンスピードだが、インディ500を含めた6戦にスポット参戦することとなった。

 エルトン・ジュリアン率いるドラゴンスピードは、2020年のインディカー・シリーズのうち、インディ500を含めた6レースを戦うことを発表した。

 ドラゴンスピードは、2020年からのインディカーフル参戦を目標に、2019年はシリーズ5戦にスポット参戦するという計画を2018年12月に発表。ベン・ハンリーをドライバーに起用し、実際に開幕戦セントピーターズバーグ、バーバー、インディ500を戦った。

 その後、ミッド・オハイオと最終戦ラグナセカに参戦する予定だったものの、クルーやドライバーがビザの問題に直面。結局インディ500以後の参戦はできずに2019年を終えた。

 その影響か、2020年のフル参戦は断念。3月15日の開幕戦セントピーターズバーグを皮切りに、計6レースに参戦する計画を発表した。

 開幕戦の後は、ロングビーチとインディ500、テキサス、ミッド・オハイオ、最終戦ラグナセカを戦う予定。ドライバーは発表されていない。

 ドラゴンスピードは、世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスからは撤退したものの、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権には参戦を続けている。ドライバーはハンリーとヘンリク・ヘドマンを起用。さらにハンリーはチームと共に、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)にも参戦する。

 インディ最終戦ラグナセカとELMSのレース日程が衝突しているものの、IMSAとは日程が被っておらず、ハンリーのインディ起用は十分可能だと考えられる。

Read Also:

次の記事
この2年間夢見ていた……パロウ、インディ挑戦は「目標だった」

前の記事

この2年間夢見ていた……パロウ、インディ挑戦は「目標だった」

次の記事

あなたの“1番”はランクインした? 読者が選ぶ2019年ベストドライバー・ライダー

あなたの“1番”はランクインした? 読者が選ぶ2019年ベストドライバー・ライダー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
ドライバー Ben Hanley
チーム ドラゴンスピード
執筆者 Jamie Klein