ニコ・ヒュルケンベルグ、”個人的な理由”でインディカー挑戦を断念

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、10月にテストで初めてインディカーをドライブしたが、「個人的な理由」を理由にインディカーへの転向を断念した。

ニコ・ヒュルケンベルグ、”個人的な理由”でインディカー挑戦を断念

 2019年限りでルノーF1のシートを失って以来、フルタイムのレースシートを得られていないニコ・ヒュルケンベルグ。彼は10月にアロー・マクラーレンSPからインディカーのテストを行なったが、個人的な理由でインディカー挑戦を断念したようだ。

 ヒュルケンベルグは今季もアストンマーチンのリザーブドライバーとして、F1への関与を続けている。2020年には当時レーシングポイントだった同チームから、2度の代役参戦も果たしている。

 ヒュルケンベルグは、将来的なインディカーへの移籍の可能性を評価するために、バーバー・モータースポーツ・パークで行なわれたテストに参加し、100周以上走行している。

 テストの前にMotorsport.comに語ったところによると、ヒュルケンベルグはインディカーに「間違いなく興味を持っている」とし、レースは「とても楽しめるし、面白い」と語っていた。

 しかし彼は、11月4日に自身のTwitterでインディカーには挑戦しないことを明言した。

 

『インディカーに関するクイック・アップデートだ。2週間前のテストはエキサイティングだった。この機会を与えてくれたアロー・マクラーレンSPに感謝している』

『しかし、個人的な理由でそれを前に進めないことを決めた。今後の計画については、またお知らせする』

 アロー・マクラーレンSPは近い将来、インディカー参戦体制を3台に拡大するためのオプションを検討しており、マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは3人目のドライバー候補として、ヒュルケンベルグを「リストのトップに挙げている」と述べた。

 ただヒュルケンベルグは、9月に妻が女児を出産し、父親になったばかり。アメリカを拠点とするプログラムに挑戦するには、かなりの覚悟が必要となるだろう。

 近年、元F1ドライバーがインディカーに挑戦するケースが増えており、マーカス・エリクソンやロマン・グロージャンが結果を残している。

 2021年にデイル・コイン・レーシングからインディカーデビューを果たしたグロージャンは、印象的な活躍をしたことから、ビッグチームの一角であるアンドレッティ・オートスポートへの移籍を果たしている。

 
Read Also:

シェア
コメント
アンドレッティによるアルファロメオF1買収計画、失敗に終わる? 要因は「チームのコントロールに関する問題」
前の記事

アンドレッティによるアルファロメオF1買収計画、失敗に終わる? 要因は「チームのコントロールに関する問題」

次の記事

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラにはさらなる均衡化が必要?

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記:スーパーフォーミュラにはさらなる均衡化が必要?
コメントを読み込む