インディカー、マクラーレン+アロンソの2019年参戦計画を支援

シェア
コメント
インディカー、マクラーレン+アロンソの2019年参戦計画を支援
執筆: Tom Errington
2018/08/15 3:00

インディカー・シリーズのCEOであるマーク・マイルズは、マクラーレンがフェルナンド・アロンソと組み、2019年のインディカーに参戦することを計画していると明かす。

 フェルナンド・アロンソは、2019年シーズンはF1に参戦しないことを明らかにした。そしてその声明の中で、将来F1に復帰する可能性も示唆している。

 そのアロンソにとってのレースキャリアにおける目標は、世界三大レースを完全制覇することだ。

 2006年と2007年にはF1モナコGPを制したアロンソは、この”世界三大レース完全制覇”を達成するため、まずは昨年インディ500に参戦。終始力強い走りを披露したが、残り21周というところでエンジントラブルのためリタイアに終わった(このレースを制したのは、佐藤琢磨だった)。

 そしてアロンソは今年、ル・マン24時間を制するためにWEC(世界耐久選手権)にTOYOTA GAZOO Racingからフル参戦。中嶋一貴、セバスチャン・ブエミと組み、初挑戦ながら優勝を果たした。

 つまりアロンソは、残るインディ500に勝利することさえできれば、世界三大レース制覇を達成することとなる。

 そしてマクラーレンも、インディカーへの参戦を本格的に検討していた。motorsport.comの取材によれば、今季チップ・ガナッシから参戦していたスコット・ディクソンを獲得し、アロンソとの2台体制でシリーズ参戦することを目指していたようだ。

 インディカーのCEOであるマーク・マイルズは、motorsport.comの取材に対し、マクラーレンのエントリーは、進行中だったと認めた。

「今日の発表(アロンソのF1参戦中断発表)は、アロンソが2019年に参戦することを願うインディカーのファンたちに、確かに興奮をもたらした」

 そうマイルズは語った。

「マクラーレンは、参戦に必要な準備を全て整えるために動いている。我々はその努力をサポートしている」

「今年末まで、これが解決されるとは思わない」

 今季からインディカーに参戦しているカーリンによれば、マクラーレンの来シーズンへのエントリーは遅すぎたという。しかしながら、アンドレッティやレイホール・レターマン・ラニガンなどのチームと提携することで、参戦を実現できる可能性もあるという。

次の IndyCar ニュース
ミッドオハイオ:ロッシ2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨1周目の接触で17位

前の記事

ミッドオハイオ:ロッシ2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨1周目の接触で17位

次の記事

アロンソ来るなら歓迎。インディカー12年王者ハンター-レイ語る

アロンソ来るなら歓迎。インディカー12年王者ハンター-レイ語る
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム アンドレッティ , マクラーレン 発売中
執筆者 Tom Errington
記事タイプ 速報ニュース