エリクソン、インディカー転向。シュミット・ピーターソンに加入

シェア
コメント
エリクソン、インディカー転向。シュミット・ピーターソンに加入
David Malsher
執筆: David Malsher
2018/10/30 23:55

マーカス・エリクソンは、来季インディカー・シリーズに転向。シュミット・ピーターソンでジェームズ・ヒンチクリフのチームメイトになることが決まった。

 ザウバーでF1を戦うマーカス・エリクソンは、来季インディカー・シリーズに転向することを決断。シュミット・ピーターゾンに加入し、ジェームス・ヒンチクリフのチームメイトを務めることが決まった。

 来季のザウバーのドライバーには、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィが務めることが決まっており、エリクソンはサードドライバーとブランドアンバサダーを務めることになっていた。しかしこの役割と並行して、インディカーに挑戦することになる。

「シュミット・ピーターソン・モータースポーツ、そしてインディカーの2019年ドライバーのひとりとして選ばれるのは、大変名誉なことだ」

 エリクソンはそう語った。

「5年間F1で過ごした後、僕そして僕のキャリアにとっては完璧な一歩になった」

「シュミット・ピーターソン、そしてそれに関わる全ての人たちと仕事を始めるのが待ちきれない。彼らは長年にわたって大きな成功を収めてきた。その道をさらに進めていくことを楽しみにしている」

「インディカーのレースは素晴らしく、その一部になれることに本当に興奮している。新しいコースやオーバルでのレースなど、学ぶことはたくさんある。それは簡単なことではないのは分かっているけど、僕はとても楽しみにしている」

 チームの共同オーナーであるサム・シュミットも、エリクソン起用について次のようにコメントを残した。

「リック(ピーターソン)と私は、チームにマーカスを迎え入れることについて非常に興奮している。彼は、モータースポーツのトップレベルでの、豊富な経験を持っている。彼は2018年から本格的に始まった開発プログラムに、貢献してくれると信じている」

「インディカーのスケジュールに入っているサーキットのうち、特にオーバルコースは彼にとって新しいモノになるだろう。しかし、彼の仕事を進めていく上での理論と、熱心に学ぼうとする姿勢を、我々は大いに信頼している」

「彼とジェームズ(ヒンチクリフ)は、お互いを高め合い、勝利を目指して戦うために、良いコンビになると思う」

 エリクソンは来季、シュミット・ピーターソンの7号車に乗ることになる。6号車は、今季第14戦ポコノの決勝レースで大クラッシュを喫し、大怪我を負ったロバート・ウィケンスが復帰する時のために空けられたままになっている。

インディカーのシート合わせを行うマーカス・エリクソン

インディカーのシート合わせを行うマーカス・エリクソン

Photo by: IndyCar Series

次の記事
”夢”を繋いでいくため……佐藤琢磨×室屋義秀×中上貴晶が強力タッグ

前の記事

”夢”を繋いでいくため……佐藤琢磨×室屋義秀×中上貴晶が強力タッグ

次の記事

佐藤琢磨、”次世代”の日本人スター誕生を期待「北米にも来て欲しい」

佐藤琢磨、”次世代”の日本人スター誕生を期待「北米にも来て欲しい」
Load comments

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar
イベント Marcus Ericsson seat-fitting
サブイベント Seat-fitting
ドライバー マーカス エリクソン
チーム Schmidt Peterson Motorsports
執筆者 David Malsher
記事タイプ 速報ニュース