F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

ゲートウェイ予選:ニューガーデンPP。佐藤琢磨5番手と好位置につける

シェア
コメント
ゲートウェイ予選:ニューガーデンPP。佐藤琢磨5番手と好位置につける
執筆:
2019/08/24 3:37

インディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイ戦の予選が行われ、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は5番手だった。

 インディカー・シリーズの第15戦ボンマリート・オートモーティブ・グループ500の予選がゲートウェイ・モータースポーツ・パークで行われ、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。

 ニューガーデンは、2周平均186.508mhp(300.155km/h)を記録し、2番手のセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)に約0.6mphの差をつけ、予選首位となった。これは、1周1.25(2.011km)のゲートウェイ・モータースポーツ・パークで、0.15秒の差をつける計算になる。

 数人のドライバーは、ターン1とターン2の速乾性のセメントに悩まされることになった。これは、ヴィンテージマシンから漏れ出たオイルを吸い取るためのものだった。しかしブルデーと、そのチームメイトであるサンティノ・フェルッチは、ほとんど苦にしなかったようだ。フェルッチはルーキーながら、6番グリッドを獲得した。

 昨年のゲートウェイの勝者であるウィル・パワー、そしてシモン・パジェノーのペンスキー勢が2列目に並び、トップ4台中3台がペンスキーのマシンということになった。

 この後ろにつけたのは、レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨である。佐藤はトップから1.458mph差ながら、好位置につけた。シュミット・ピーターソンのジェームズ・ヒンチクリフはプラクティスでは苦しんだが、予選では復活。チームメイトであるマーカス・エリクソンのセットアップを生かし、7番グリッドを確保した。

 チップ・ガナッシのスコット・ディクソンはセッティングに苦しんだ結果タイヤをうまく発熱させることができず、8番手止まりだった。前戦ポコノで大クラッシュを喫し、病院に搬送されたフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)も10番手だった。

 アンドレッティ・オートスポート勢は苦戦。最上位はライアン・ハンター-レイの9番手だった。タイトル獲得を目指すアレクサンダー・ロッシは11番手となった。前戦でクラッシュを喫したロッシは、ポイントリーダーであるニューガーデンと36ポイント差である。

 インディカー・シリーズ第15戦ボンマリート・オートモーティブ・グループ500の決勝レースは、現地時間の土曜日夜、ナイトレースとして行われる。スタート時刻は現地時間午後7時45分(日本時間25日午前9時45分)予定となっている。

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 2 48.2554     186.508
2 France セバスチャン ブルデー United States Dale Coyne Racing 2 48.4062 0.1508 0.1508 185.927
3 Australia ウィル パワー United States Team Penske 2 48.4142 0.1588 0.0080 185.896
4 France シモン パジェノー United States Team Penske 2 48.6110 0.3556 0.1968 185.143
5 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 2 48.6356 0.3802 0.0246 185.050
6 United States サンティノ フェルッチ United States Dale Coyne Racing 2 48.6934 0.4380 0.0578 184.830
7 Canada ジェームズ ヒンチクリフ United States Schmidt Peterson Motorsports 2 48.7931 0.5377 0.0997 184.452
8 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 2 48.8354 0.580 0.0423 184.293
9 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 2 48.8584 0.6030 0.0230 184.206
10 Sweden フェリックス ローゼンクヴィスト United States Chip Ganassi Racing 2 48.8785 0.6231 0.0201 184.130
11 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 2 48.8945 0.6391 0.0160 184.070
12 United States Colton Herta United States Harding Racing 2 49.0732 0.8178 0.1787 183.399
13 United States スペンサー ピゴット United States Ed Carpenter Racing 2 49.1236 0.8682 0.0504 183.211
14 Sweden マーカス エリクソン United States Schmidt Peterson Motorsports 2 49.1319 0.8765 0.0083 183.180
15 United States ザック ビーチ United States アンドレッティ 2 49.3025 1.0471 0.1706 182.547
16 United States グラハム レイホール United States Rahal Letterman Lanigan Racing 2 49.4328 1.1774 0.1303 182.065
17 United States エド カーペンター United States Ed Carpenter Racing 2 49.6321 1.3767 0.1993 181.334
18 United States コナー デイリー United Kingdom カーリン 2 50.1674 1.9120 0.5353 179.399
19 United States チャーリー キンボール United Kingdom カーリン 2 50.2844 2.0290 0.1170 178.982
20 Brazil トニー カナーン United States A.J. Foyt Enterprises 2 50.2866 2.0312 0.0022 178.974
21 Brazil マシウス レイスト United States A.J. Foyt Enterprises 2 50.4795 2.2241 0.1929 178.290
22 United States マルコ アンドレッティ United States アンドレッティ 2 51.3722 3.1168 0.8927 175.192
次の記事
フランキッティ、ポコノのクラッシュには”中立派”。佐藤琢磨を責めず

前の記事

フランキッティ、ポコノのクラッシュには”中立派”。佐藤琢磨を責めず

次の記事

佐藤琢磨、運も味方に大逆転。0.0399秒差で今季2勝目!|ゲートウェイ決勝

佐藤琢磨、運も味方に大逆転。0.0399秒差で今季2勝目!|ゲートウェイ決勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント ゲートウェイ
ドライバー ジョセフ ニューガーデン
チーム Team Penske
執筆者 David Malsher