【インディカー】“伝説”の再現? コークスクリューで豪快なオーバーテイク見せたグロージャン「ザナルディになった気分」

ロマン・グロージャンは、インディカーで最も有名な連続コーナーのひとつである“コークスクリュー”でワイルドなオーバーテイクを見せたことに関して「少しだけアレッサンドロ・ザナルディになった気分だ」と語った。

【インディカー】“伝説”の再現? コークスクリューで豪快なオーバーテイク見せたグロージャン「ザナルディになった気分」

 ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカで行なわれたインディカー・シリーズ第15戦で、デイル・コイン・レーシングのロマン・グロージャンは3位表彰台を獲得した。グロージャンはレース中、下り坂を駆け下りる著名な連続コーナー、“コークスクリュー”をはじめ、様々な箇所でオーバーテイクを連発し、大いに見せ場を作った。

Read Also:

 遡ること25年前、同じくラグナセカで行なわれた1996年CART最終戦のファイナルラップでは、アレッサンドロ・ザナルディがコークスクリューをショートカットしながらブライアン・ハータをオーバーテイク。勝利を飾った。このシーンは“The Pass(ザ・パス)”と呼ばれており今でも語り継がれているが、グロージャンもコークスクリューでスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)をはじめ多くのドライバーを抜き去って見せた。

 13番手からスタートし、95周で27回ものオーバーテイクを見せたグロージャンはレース後、次のように語った。

「コーススクリューで何度もパスできたのは良かった。少しザナルディになったような気分だったけど、悪くないね」

 このレースで最もドラマティックな瞬間だったのは、残り7周でグロージャンが周回遅れのジミー・ジョンソン(チップ・ガナッシ・レーシング)とコークスクリューで相見えた時だ。コルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)、アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)のトップ2台を追いかけたい3番手のグロージャンは、レイトブレーキングで一気にジョンソンに近付くと、イン側の縁石に乗ってマシンが跳ねた状態でジョンソンに接触。ただ幸運にも2台はそのままレースを続行することができた。

「接触してしまい、ジミーには申し訳なく思っている」とグロージャンは言う。

「僕は間違いなく彼の方に突っ込んでいった。ジミーもおそらく僕のことを見ていなかったと思う。彼は(2番手を走るチームメイトの)アレックスを僕から守るために必死にプッシュしていた。それで少し接触してしまったんだ」

 ジョンソンはグロージャンとの接触でコークスクリューをインカットしてしまったため、ペナルティを受けるのではないかと心配していたが、結果的にペナルティは出されず17位フィニッシュとなった。NASCARでの実績を引っ提げて今季からインディカーにデビューしたジョンソンにとって、これがキャリア最高順位となった。また彼はグロージャンと接触する前、コークスクリューでジェームス・ヒンチクリフ(アンドレッティ・スタインブレナー・オートスポート)を鮮やかにオーバーテイクする場面もあった。

 ジョンソンはグロージャンとの接触を振り返って次のように語った。

「あの時、僕の1日は終わったと思った」

「彼があんなにギリギリのタイミングで突っ込んでくるとは思わなかった。でも幸運にもふたり共無事だったんだ!」

「ステアリングが大きく動いたので、手首を壊したかと思った。ペナルティも心配だったけど、最終的にはキャリアベストの順位でフィニッシュできた」

 

Read Also:

シェア
コメント
インディカー第15戦ラグナセカ:ハータ完勝。2位パロウは王座に王手、3位グロージャンはオーバーテイク連発

前の記事

インディカー第15戦ラグナセカ:ハータ完勝。2位パロウは王座に王手、3位グロージャンはオーバーテイク連発

次の記事

マクラーレン、早ければ2022年中にインディカー3台体制に? バンドーンも「ドライバー候補」と認める

マクラーレン、早ければ2022年中にインディカー3台体制に? バンドーンも「ドライバー候補」と認める
コメントを読み込む