8月延期のインディ500、10万人規模のファン受け入れ。キャパシティ”50%”で開催

シェア
コメント
8月延期のインディ500、10万人規模のファン受け入れ。キャパシティ”50%”で開催
執筆:

新型コロナウイルスの影響によって8月下旬へと延期された第104回インディ500だが、主催のIMSとインディーカーによると会場のキャパシティを半減させる予定だという。

 世界3大レースのひとつに数えられるインディ500。2020年の第104回大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開催が8月23日へと延期された。

 6月26日、主催者であるインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)は、今季のインディ500について、観客同士がソーシャルディスタンスを守れるよう入場者集を半減させ、対策を施した上でレースを安全に開催すると意向を語った。

 なおインディ500の入場者数については、2016年の第100回大会では30万人を超えたとされ、過去10年間の最低入場者数ですら22万人を超えている。

「我々は8月23日に予定されているインディ500を実施すること、世界最高のレース開催地にファンの方を招き入れることを約束する」

 IMS代表のJ.ダグラス・ボレスはそう語った。

「我々は会場のキャパシティを約50%に減らし、入場者数を制限するつもりだ。また数多くの健康と安全の対策を慎重に検討し、最終決定する予定だ」

「今後数週間で、我々の包括的な計画の具体的な詳細を明らかにする」

 

Read Also:

【UPDATE】重体のザナルディ、2日経ても深刻な状態は変わらず。病院が発表

前の記事

【UPDATE】重体のザナルディ、2日経ても深刻な状態は変わらず。病院が発表

次の記事

ザナルディ、事故後2度目の手術「神経学的な観点からは依然として深刻な状態」

ザナルディ、事故後2度目の手術「神経学的な観点からは依然として深刻な状態」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
執筆者 David Malsher