インディ500プラクティス2日目:ガナッシ勢が速さ見せディクソンが首位。佐藤琢磨は20番手

第105回インディ500のプラクティス2日目は、チップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンがトップタイムをマークした。

インディ500プラクティス2日目:ガナッシ勢が速さ見せディクソンが首位。佐藤琢磨は20番手

 第105回インディ500のプラクティス2日目が行なわれ、チップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンがトップタイムをマークした。

 現地時間の正午から6時間に渡って行なわれたセッションで、各車精力的に周回を重ねた。2008年のインディ500ウイナーであるディクソンは、108周走行したうちの60周目にベストタイムをマーク。39秒6774(226.829mph)を記録し、エド・カーペンター・レーシングのコナー・デイリーやエド・カーペンターを上回り、この日の首位となった。

 ディクソンのチームメイトであるマーカス・エリクソンとトニー・カナーンも上位につけており、トップ5をチップ・ガナッシとエド・カーペンターの2チームが分け合った形となった。なお、チップ・ガナッシのアレックス・パロウは8番手となっている。

 初日のプラクティスでエンジンから出火するトラブルに見舞われたセバスチャン・ブルデー(A.J.フォイト)は、この日は98周走行し6番手につけている。

 なお、トウ(スリップストリーム)なしでのスピードでトップに立ったのはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)で221.114mph。チーム・ペンスキーのシモン・パジェノーや、予選シミュレーションを行なったマックス・チルトン(カーリン)がそれに続いた。

 初日3番手だった佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は20番手。ただ、レース距離の半分以上に及ぶ116周を走破。127周を走り、この日の最多周回となったチームメイトのグレアム・レイホール(14番手)共々、精力的に周回を重ねた。

 トップガン・レーシングのRC・エナーソンは、この日の朝にルーキーオリエンテーション・プログラムを完了したものの、その後のプラクティスでは走行できておらず、ノータイムとなっている。

Read Also:

順位 # ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 9 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 108 39.677     226.829
2 47 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 98 39.757 0.080 0.080 226.372
3 20 United States エド カーペンター United States Ed Carpenter Racing 109 39.804 0.127 0.047 226.103
4 8 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 94 39.821 0.144 0.016 226.007
5 48 Brazil トニー カナーン United States Chip Ganassi Racing 71 39.862 0.185 0.041 225.774
6 14 France セバスチャン ブルデー United States A.J. Foyt Enterprises 98 39.912 0.235 0.050 225.491
7 5 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 105 39.927 0.250 0.014 225.409
8 10 Spain アレックス パロウ United States Chip Ganassi Racing 100 39.946 0.269 0.018 225.302
9 24 United States セージ カラム United States Dreyer & Reinbold Racing 67 39.946 0.269 0.000 225.300
10 98 United States マルコ アンドレッティ Andretti Herta-Haupert with Marco & Curb-Agajanian 90 39.996 0.319 0.050 225.018
 
シェア
コメント
インディ500のプラクティスがスタート! 初日首位はパワー。佐藤琢磨は3番手発進
前の記事

インディ500のプラクティスがスタート! 初日首位はパワー。佐藤琢磨は3番手発進

次の記事

インディ500プラクティス3日目:カナーンがトップタイム。佐藤琢磨は9番手も、チームにペナルティ

インディ500プラクティス3日目:カナーンがトップタイム。佐藤琢磨は9番手も、チームにペナルティ
コメントを読み込む