インディ500:ファストフライデーはアンドレッティ首位。佐藤琢磨8番手、ホンダ勢がトップ10に9台

シェア
コメント
インディ500:ファストフライデーはアンドレッティ首位。佐藤琢磨8番手、ホンダ勢がトップ10に9台
執筆:

インディ500のプラクティス3日目、ターボのブースト圧が上がるファストフライデーは、マルコ・アンドレッティがトップタイムをマークした。

 インディ500のプラクティス3日目、週末に行なわれる予選に向けて、ターボの最大ブースト圧が1.3barから1.5barまで上がるファストフライデーは、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ)がトップタイムを記録した。

 アンドレッティはトウ(スリップストリーム)を得て233.491mph(時速375.767km)を午前中に記録。午後は気温・路面温度が上がったことで、アンドレッティが首位を維持した。

 シボレーエンジン勢のトップはコナー・デイリー(エド・カーペンター)で2番手。しかし彼のタイムもトウを得たもので、上位10台中9台がホンダエンジン勢と、上位を占める展開となった。

 チップ・ガナッシのスコット・ディクソンは午後にタイムを更新し3番手。アレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング with チームゴウ)はこの日もルーキー勢最上位の6番手につけた。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は8番手となっている。

 チーム・ペンスキー勢は4台ともハンドリングに苦しんでいるようで、ウィル・パワーの11番手が最上位となっている。

 前日にクラッシュを喫したフェルナンド・アロンソ(アロー・マクラーレンSP)は計52周と走り込んだが、25番手に留まった。

 この日は各車が予選をシミュレーションし、4周連続アタック(アテンプト)を実施。ダウンフォースを削っているドライバーは1周目に速いラップを記録することができるが、今季からエアロスクリーンがマシンに搭載されており、重量が増えて重心が上がっていることが影響してか、アタック4周目にはタイヤのグリップが保たず最大4mphほどタイムが遅くなる傾向があった。

 対して、ダウンフォースを多めにしたマシンは絶対的な速度は遅くなるものの、4周のアタックをより安定してこなすことができていた。

 コロナ禍の影響で例年よりプラクティスが少ない今年のインディ500。15日(土)には早くも予選が行なわれる。午前8時30分から1時間のプラクティスを2グループに分けて実施したのち、午前11時から午後4時まで予選が行なわれる。

 まず各車が順番にアテンプトを実施した後は、時間が許す限り何度もアテンプトを実施できるが、インディアナポリス・モータースピードウェイは気温31度まで上昇する予報となっており、ほとんどのドライバーはセッション早い段階のアタックが最速タイムになると思われる。

 なお、最初のアテンプトはグレアム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がトップバッター。その後、佐藤が2番目にアテンプトを実施する予定となっている。

 この日の予選トップ9が、トップ9のグリッドを決めるファストナイン・シュートアウトに進出する。

Read Also:

順位 # ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 98 United States マルコ アンドレッティ Andretti Herta Autosport with Marco & Curb-Agajani 43 38.545     233.491
2 47 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 44 38.736 0.191 0.191 232.337
3 9 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 30 38.744 0.199 0.007 232.290
4 28 United States ライアン ハンター-レイ United States アンドレッティ 34 38.772 0.226 0.027 232.124
5 45 United States スペンサー ピゴット Citrone Buhl Autosport with RLL 35 38.773 0.228 0.001 232.116
6 55 Spain アレックス パロウ Dale Coyne Racing with Team Goh 17 38.794 0.249 0.021 231.989
7 29 Canada ジェームズ ヒンチクリフ United States アンドレッティ 30 38.798 0.253 0.003 231.967
8 30 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 53 38.813 0.267 0.014 231.880
9 27 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 60 38.816 0.271 0.003 231.859
10 8 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 22 38.832 0.287 0.016 231.763
マクラーレンに深夜作業の特別許可。ファストフライデーに向けてアロンソのマシン修復

前の記事

マクラーレンに深夜作業の特別許可。ファストフライデーに向けてアロンソのマシン修復

次の記事

インディ500予選:佐藤琢磨、9番手でポール争いに進出。ペンスキー勢まさかの全滅、アロンソも26番手

インディ500予選:佐藤琢磨、9番手でポール争いに進出。ペンスキー勢まさかの全滅、アロンソも26番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
執筆者 David Malsher