インディ500プラクティス2日目:佐藤琢磨2番手、ディクソンが首位。アロンソはクラッシュも8番手と好調維持

シェア
コメント
インディ500プラクティス2日目:佐藤琢磨2番手、ディクソンが首位。アロンソはクラッシュも8番手と好調維持
執筆:

第104回インディ500のプラクティス2日目が行なわれ、チップ・ガナッシのスコット・ディクソンがトップタイムをマークした。

 第104回インディ500のプラクティス2日目も、ホンダエンジン勢が上位を独占。その中で、チップ・ガナッシのスコット・ディクソンがトップとなった。

 計6時間30分の走行のうち、午前のセッションが終わった段階では佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がトップタイムをマーク。午後になってディクソンが佐藤を0.4mphリードし、この日のトップとなった。

 3番手は、アンドレッティ・ハータ・オートスポーツのマルコ・アンドレッティ。プラクティス初日の2番手に続き、連日の上位となった。シボレーエンジン勢トップはコナー・デイリー(エド・カーペンター・レーシング)で4番手だった。

 アレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング with チームゴウ)は5番手で、この日もルーキー勢のトップにつけた。

 フェルナンド・アロンソ(アロー・マクラーレンSP)はセッション終盤にクラッシュを喫したものの、8番手に食い込んでいる。

 対照的なのはチーム・ペンスキーの4台。エリオ・カストロネベスの16番手が最上位で、揃って下位に沈んだが、走行プランが他チームと違った可能性も十分考えられる。

 プラクティス3日目となる8月14日のセッションは、予選に向けてターボの最大ブースト圧が1.3barから1.5barに引き上げられ、80~90馬力パワーアップする。各チームは予選用のマシンセットアップを詰めていく1日となるだろう。

Read Also:

順位 # ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 9 New Zealand スコット ディクソン
New Zealand スコット ディクソン
United States Chip Ganassi Racing 107 39.805     226.102
2 30 Japan 佐藤 琢磨
Japan 佐藤 琢磨
United States Rahal Letterman Lanigan Racing 122 39.877 0.072 0.072 225.693
3 98 United States マルコ アンドレッティ
United States マルコ アンドレッティ
Andretti Herta Autosport with Marco & Curb-Agajani 86 39.955 0.150 0.078 225.249
4 47 United States コナー デイリー
United States コナー デイリー
United States Ed Carpenter Racing 125 39.981 0.176 0.025 225.106
5 55 Spain アレックス パロウ
Spain アレックス パロウ
Dale Coyne Racing with Team Goh 119 40.005 0.200 0.023 224.971
アロンソ、インディ500プラクティス2日目にクラッシュを喫す

前の記事

アロンソ、インディ500プラクティス2日目にクラッシュを喫す

次の記事

マクラーレンに深夜作業の特別許可。ファストフライデーに向けてアロンソのマシン修復

マクラーレンに深夜作業の特別許可。ファストフライデーに向けてアロンソのマシン修復
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
執筆者 David Malsher