インディ500プラクティス初日はアンドレッティ勢が上位を席巻。アロンソ5番手、佐藤琢磨13番手

シェア
コメント
インディ500プラクティス初日はアンドレッティ勢が上位を席巻。アロンソ5番手、佐藤琢磨13番手
執筆:

第104回インディ500の練習初日は、アンドレッティ・オートスポーツのジェームス・ヒンチクリフがトップタイムをマークした。

 世界三大レースのひとつ、インディ500の練習走行が開始され、アンドレッティ・オートスポーツから参戦するジェームス・ヒンチクリフが初日のトップタイムを記録した。

 新型コロナウイルスの影響で、異例の8月23日決勝となった第104回インディ500。観客を迎え入れてレースを実施することも検討されていたものの、結局無観客で開催されることになった。

 また今年は例年よりも走行時間が削られており、8月12日(水)にプラクティスがスタートし、15日(土)と16日(日)に予選が行なわれる。21日(金)のファイナルプラクティス”カーブデイ”まで、予選を含めても計6日しか決勝前の走行がない。

 その重要なプラクティス初日は、アンドレッティ勢が上位に並ぶことになった。特に2016年のインディ500ポールシッターであるヒンチクリフは、スポット参戦ながらチームメイトのマルコ・アンドレッティを上回りトップタイム。1周の平均速度は224.526mph(時速361.340km)となっている。

 ヒンチクリフは、トウ(スリップストリーム)を使わない単独走行でも速さを見せており、220.732mph(時速355.234km)を記録している。

 ライアン・ハンター-レイも4番手となっており、アンドレッティ勢が上位に名を連ねた。3番手はスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)となっている。

 シボレーエンジン勢のトップは、なんとフェルナンド・アロンソ(アロー・マクラーレンSP)。チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンをわずかに上回り、3度目のインディ500挑戦を良い形でスタートした。

 なお、4度目のインディ500制覇を目指すエリオ・カストロネベスはチーム・ペンスキーからエントリーしており、10番手につけている。

 アレックス・パロウ(デイル・コイン・レーシング with チームゴウ)は8番手。ルーキー勢のトップにつけた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は13番手となった。

 この日の走行では、チャーリー・キンボール(A.J.フォイト)がターン2のウォールに軽くタッチした以外に大きなクラッシュなどはなく、トラックインスペクション(点検)以外の原因でコーションは出されなかった。

 なお、この日走行できなかったベン・ハンリー(ドラゴンスピード)には、プラクティスの後、シェイクダウンとリフレッシャーテストのため、単独走行が許された。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Canada ジェームズ ヒンチクリフ
Canada ジェームズ ヒンチクリフ
United States アンドレッティ 80 40.084     224.526
2 United States マルコ アンドレッティ
United States マルコ アンドレッティ
Andretti Herta Autosport with Marco & Curb-Agajani 96 40.116 0.032 0.032 224.345
3 New Zealand スコット ディクソン
New Zealand スコット ディクソン
United States Chip Ganassi Racing 61 40.170 0.085 0.053 224.047
4 United States ライアン ハンター-レイ
United States ライアン ハンター-レイ
United States アンドレッティ 81 40.297 0.212 0.127 223.341
5 Spain フェルナンド アロンソ
Spain フェルナンド アロンソ
Arrow McLaren SP 29 40.315 0.231 0.018 223.238
 
アロンソ、インディ500挑戦は当面今年が最後?「F1復帰後の挑戦は難しい」

前の記事

アロンソ、インディ500挑戦は当面今年が最後?「F1復帰後の挑戦は難しい」

次の記事

アロンソ、インディ500プラクティス2日目にクラッシュを喫す

アロンソ、インディ500プラクティス2日目にクラッシュを喫す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
ドライバー ジェームズ ヒンチクリフ
チーム アンドレッティ
執筆者 David Malsher