ホンダ、インディ500でキャパシティの”限界”超えた19台にエンジン供給

ホンダは、今年のインディ500にエントリーする19台に対し、他シリーズからのサポートを受けながら全力で支援すると約束した。

 今年のインディ500には、ホンダ陣営として19台がエントリーしている。これに対しホンダは、本来のキャパシティは18台が最大だったとしながらも、他シリーズからのサポートも引き出しながら支援をしていくと表明した。

 第102回を迎える今年のインディ500。インディカー・シリーズにレギュラー参戦しているマシン以外にもエントリーが相次いでおり、現在は35台がエントリーを行っている。

 しかし、インディ500のフルグリッドは全33台。そのため、今年はバンプアウトと呼ばれる決勝レースへの参加をかけたアタック合戦が行われることになった。

 35台のうち、ホンダエンジンユーザーは19台。エンジン独占供給時代を除けば最多となる。また、いまだ参戦を検討しているチームからの問い合わせもある状態だという。

 HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)社長のアート・セントシアーは、他のシリーズからのサポートが、競争力を高めるのに役立つだろうと述べた。

「我々が知っているすべてのドライバーについて、発表を行った」

「我々は十分に早い時期から作業を進め、取り組んできていたので、(19台へのエンジン供給の)準備を開始することができた」

「しかしそれは、HPDが幅広くレーシングに携わっていることの利点のひとつだ。我々は他のすべてのシリーズからサポートを引き出し、インディ500についての運用に役立てる。19基ものエンジンに対処するのはとてつもないことだ」

「今シーズンのこれまでの戦いと同様、19台のマシンすべてに競争力があることを期待している。我々は自分たちの可能性に興奮しているし、集中し、準備を整えている」

「インディ500でうまくやるということは、常に我々HPDの第一目標だ。毎年そうなれるよう努力しているし、競争力がない理由はない」

 一方で、すでにホンダとしてのキャパシティは超えてしまっているため、追加でエントリーがあったとしてもそれに対応することはできないとセントシアーは話した。

「正直に言って、我々のキャパシティは18台で最大だ」

「実際、我々はここ数カ月にわたり、他のグループや他のチームと議論を重ねてきた。しかし、マシンの台数に制限をかけざるを得なかったのだ」

「我々がそれ(限界以上のエンジン供給)をできる理由のひとつは、19台全てが既存のチームと提携しているからであり、全体的なサポートの観点から我々の助けになるからだ。さらなる供給に興味はあったが、今はこれが我々にできる限界だ」

 セントシアーはベテランのスペイン人ドライバー、オリオール・セルビアがインディ500に参戦するのが嬉しいと付け加えた。彼が参戦するチームは、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦しているスクーデリア・コルサとレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングとの共同体制となる。

 セルビアは、今シーズンから導入されている新しい共通エアロキットのテストドライバーを担当。ホンダ側のテストを担当した彼と、シボレー側を担当したファン・パブロ・モントーヤは、シリーズと各エンジンマニュファクチャラーにとって重要な役割を果たしていたのだ。

「オリオール・セルビアを走らせるのはいいことだ」とセントシアーは述べた。

「彼は1年前のこの時期にユニバーサルキットの開発を行っていた。実際、彼をレースで見ることができるのはいいことだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 インディ500
サーキット インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース