F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
WU まで
07 時間
:
35
:
57
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days

佐藤琢磨「インディ500は時に奇跡が起きる……」2周遅れからの3位フィニッシュ

シェア
コメント
佐藤琢磨「インディ500は時に奇跡が起きる……」2周遅れからの3位フィニッシュ
2019/05/27 6:01

第103回インディ500を3位で終えた佐藤琢磨は、レースを振り返り、チームの働きを賞賛した。

 第103回インディ500を14番手からスタートし、3位でフィニッシュした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)。しかしそのレースは、まさに奇跡のような内容となった。

 スタートと序盤のバトルで11番手までポジションを上げていた佐藤は、37周目に最初のピット作業を行うが、右リヤタイヤの取り付け作業にトラブルが発生しタイムをロス。この際にホイール・ナットの緩みが懸念されたために40周目に再びピットインを行った。

 これで2周遅れとなってしまった佐藤だが、それでもその後はペースを取り戻し、コーション中に燃料を継ぎ足すなど、ラップバックの機会を伺った。

 140周を過ぎてから出されたコーションで、佐藤はリードラップに復帰。実にレース距離の半分以上もの間周回遅れとなっていたが、運と戦略が噛み合い再び勝負権を手にすることになった。

 そして佐藤が最後のピット作業を行うためにピットレーンに飛び込んだ直後、チームメイトであるグレアム・レイホールも巻き込まれる多重クラッシュが発生。レースが赤旗中断となった。

 絶好のタイミングでピット作業をしていた佐藤は、残り20周というタイミングで5番手までポジションアップ。レース再開後には、さらに2台をパスし3番手に浮上した。

 しかし終始上位でレースを戦っていたサイモン・パジェノー(ペンスキー)とアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ)には届かず、僅差の3位でレースを終えた。

 佐藤はチームのプレスリリースに、次のようにコメントを寄せた。

「一度は2ラップダウンになりながらここまで挽回したのですから、チームの働き振りは本当に素晴らしかったと思います。インディ500ではときとして奇跡が起きますが、僕がラップダウンしてからはずいぶんと長い間、イエローになりませんでした。リードラップに返り咲くまで100周以上かかったと思いますが、それまでは冷静かつ着実に作業をこなしていきました。抜群のストラテジーでリードラップに復帰しました」

「サイモンに本当におめでとうと申し上げます。インディGPに続いての優勝は文句なしの戦績だと思います。アレックスと僕は持てる力のすべてを振り絞りました。最後の7ラップは一瞬も気を抜かずに戦い続けました。パワースライドが起こったかどうかはわかりませんが、アンダーステアは大きかったです。素晴らしいバトルでしたが、優勝に手が届かなかったのは残念です。本当にチームのおかげです。ラップダウンから返り咲いたのですから」

次の記事
インディ500決勝:パジェノー、激戦制し初制覇。佐藤琢磨、奇跡のカムバックで3位

前の記事

インディ500決勝:パジェノー、激戦制し初制覇。佐藤琢磨、奇跡のカムバックで3位

次の記事

失意のマクラーレン、インディ500復帰の際は”何らかの戦略的提携”を検討

失意のマクラーレン、インディ500復帰の際は”何らかの戦略的提携”を検討
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
サブイベント Race
ドライバー 佐藤 琢磨
チーム Rahal Letterman Lanigan Racing