佐藤琢磨、インディ500練習走行3日目は33位「困難な1日となった」

シェア
コメント
佐藤琢磨、インディ500練習走行3日目は33位「困難な1日となった」
2018/05/18 6:03

インディ500連覇を狙う佐藤琢磨は、プラクティス3日目の走行に挑み、33位のペースを記録した。

 インディ500のプラクティス3日目が行われ、レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は、33番手タイムに終わった。

 インディ500連覇を狙う佐藤琢磨は、プラクティス2日目に総合3番手となるペースを記録。好調さを発揮していた。

 しかしこの日は一転難しい1日となり、チームメイトのグラハム・レイホールが首位となったのに対し、佐藤は33番手に留まることとなってしまった。

 セッション終了後、佐藤はチームのプレスリリースに次のようにコメントを残している。

「今日は予選シミュレーションを4回行いました。ひとつはまずまず成功しましたが、残る3つはマシン・バランスの影響で中断しました」

 そう佐藤は語る。

「僕たちは予選シミュレーションでスピードを引き出すのに苦労しています。その後、午後遅くになってからレーストリムに戻し、昨日うまくいったことをさらに煮詰めていきました。これはうまくいきましたが、今日は全般的に困難な1日となりました。グリップ、スピード、バランス、ともに大幅に不足しています。今日はデータを見直して見ることにします」

「明日はまったく異なる1日になるでしょう。明日はブーストを引き上げるので楽しみですが、その前に、今日起きたことをしっかりと理解する必要がありそうです」

次の IndyCar ニュース
インディ500:練習走行4日目はアンドレッティ最速。佐藤琢磨24番手

前の記事

インディ500:練習走行4日目はアンドレッティ最速。佐藤琢磨24番手

次の記事

インディ500:練習走行3日目は佐藤琢磨33番手、チームメイトが首位

インディ500:練習走行3日目は佐藤琢磨33番手、チームメイトが首位

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント インディ500
サブイベント 木曜日 プラクティス
ロケーション インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
ドライバー 佐藤 琢磨
チーム Rahal Letterman Lanigan Racing
記事タイプ 速報ニュース